『宇宙兄弟』の勇気がもらえる名言7選!宇宙を目指す大人たちの熱いメッセージを紹介

こんにちは!『宇宙兄弟』大好きライターの金城テツヤです!

今回は『宇宙兄弟』から勇気をもらいましょう!

  • 自分の将来について悩んでいる
  • 今の状況を変えたい!

あなたはこういった悩みを持っていませんか?

「挑戦したいけど、どうしても勇気が出せない」

そんなときは『宇宙兄弟』の名言があなたの背中を押してくれます!

ぼくはこれまでたくさんの漫画を読んできましたが、『宇宙兄弟』ほど勇気をもらえる漫画はそうそうないんじゃないか、と思っています!

主人公ムッタが、日々苦悩しながらも理想の宇宙飛行士を目指すストーリーには胸が熱くなりますよね!

ムッタだけではありません。

他の宇宙飛行士やムッタの周りの仲間たち、1人1人に熱いストーリーと想いが込められていて、読むだけで勇気がもらえます。

今回の記事では「『宇宙兄弟』から勇気をもらいたい!」というあなたに向けて『宇宙兄弟』の数ある名言の中でも「特にあなたの背中を押してくれる名言」を厳選して7つ紹介していきます!

エピソード付きで紹介するので『宇宙兄弟』の熱さをより鮮明に思い出しながら名言に触れられますよ!

それでは、ぜひお楽しみください!

スポンサーリンク

1、宇宙兄弟ってどんな漫画?

宇宙兄弟(1) (モーニングコミックス)
著者 小山宙哉
出版社 講談社
掲載雑誌 『モーニング』
連載開始 2008年
ジャンル SFドラマ

『宇宙兄弟』は講談社の漫画雑誌『モーニング』に掲載されているSFドラマ漫画です!

2008年から連載が開始され、またたく間に人気漫画となりました。

2012年にはテレビアニメ化、実写映画化も果たし全国での認知度が急上昇しましたね。

『宇宙兄弟』のメインキャラクターは「南波六太(ムッタ)」と「南波日々人(ヒビト)」の2人の兄弟です。

ストーリーでは兄である南波六太(ムッタ)に焦点があてられています。

メインキャラクターである南波兄弟は、子どもの頃から宇宙が大好きで将来の夢は2人とも宇宙飛行士でした。

しかし、いつしか宇宙飛行士の夢を諦め、自動車会社のサラリーマンになってしまった兄・ムッタ。

一方、弟のヒビトは宇宙飛行士になるという夢を叶えNASAの月探査ミッションのクルーに選ばれるほどになっていました。

『宇宙兄弟』の物語は、子どもの頃の夢を諦めていたムッタがJAXAの書類審査通過がきっかけで、再び宇宙飛行士の夢を追いかけるところから始まります。

(『宇宙兄弟』1巻 小山宙哉/講談社 より引用)

宇宙飛行士を目指しはじめるムッタですが、その過程でムッタは様々な問題に直面します。

しかし、仲間たちに支えられ1つ1つの壁を越えていくのです。

葛藤するのはムッタだけではありません。

弟・ヒビトやムッタの仲間たちなど、『宇宙兄弟』に出てくる登場人物には1人1人がそれぞれの壁を乗り越えて成長していく姿が描かれています。

挑戦する人間は誰もが壁にぶつかります。

その壁をどう超えて、どう成長していくのか。

登場人物の挑戦と成長を描いた『宇宙兄弟』には、勇気がもらえるヒントがたくさん散りばめられているのです。

2、宇宙を目指すその姿に心打たれる!『宇宙兄弟』の熱い名言7選

ではさっそく『宇宙兄弟』の背中を押す名言を7つ紹介していきます!

今回は1つ1つの名言にエピソードも添えているので、それぞれの名言のシーンを思い出しながら『宇宙兄弟』を振り返ることができます。

これら7つの名言の中に、あなたの背中を押してくれる名言がきっとあるでしょう。

2-1 将来の夢に悩んでいるときはこの名言「今のあなたにとって…一番金ピカなことは何?」

1番目の名言は、これから自分がどの道を進めばいいのか分からないときに読んでほしい名言です。

この名言は主人公ムッタの恩師「シャロンおばさん」がムッタに伝えた言葉になります。

ムッタは1巻で新規宇宙飛行士試験の1次審査に通過しましたが、次の審査を受ける気はありませんでした。

(『宇宙兄弟』1巻 小山宙哉/講談社 より引用)

「どうせ俺が2次試験に行ったって受かるわけないよ」と諦めていたのです。

そんなムッタを見てシャロンおばさんはムッタに昔のことを思い出させます。

ムッタは子どものころ、楽器を選ぶときに演奏するのが難しいトランペットを自ら選んでいました。

「昔のあなたってそんな子だったよ」

「なんにでもどんどん挑戦して難しいことを選んだ」

(『宇宙兄弟』1巻 小山宙哉/講談社 より引用)

シャロンおばさんは、「昔のように挑戦していきなさい」とムッタを励ましたのです。

しかしムッタは「そうだったかなぁ…。トランペットを選んだのは単に一番金ピカだったからじゃないかなぁ」と反論します。

そのムッタの反論のあとに今回の名言が飛び出すのです。

「それならそれでいいのよ」
「今のあなたにとって一番金ピカなことは何?」

(『宇宙兄弟』1巻 小山宙哉/講談社 より引用)

ハッとなにかに気づくムッタ。

このシャロンおばさんの一言で、ムッタはJAXAの宇宙飛行士試験の2次審査を受けることを決意したのでした。

こういった状況、あなたにもありませんか?

  • 「どうせ自分には無理だ」
  • 「リスクがあることより安定を選ぶべきだ」

いつの間にかそう考えてしまい、挑戦できずにいないでしょうか。

そんなときに思い出したいのがこのシャロンおばさんの名言です。

「今のあなたにとって一番金ピカなことは何?」

あなたにとっての一番の金ピカを見つければ、きっと自分が進むべき道に気づくはずです。

2-2 あと一歩踏み出せないときの名言「迷ったときはね、どっちが正しいかなんて考えちゃダメ。どっちが楽しいかで決めなさい。」

2つ目に紹介したい名言は「やりたいことはあるけど一歩踏み出す勇気がない」と悩んでいるときに読んでほしい名言です。

この名言もムッタの恩師シャロンおばさんの言葉になります。

宇宙飛行士選抜試験での出来事でした。

グループに与えられた課題は「グループで最も宇宙飛行士に適したメンバーを選ぶこと」。

ムッタを含め、グループのメンバーは宇宙飛行士に適した2人の選び方で悩んでいました。

宇宙飛行士に最適な2人を選ぶには相手を切り捨てる非情さが必要です。

(『宇宙兄弟』5巻 小山宙哉/講談社 より引用)

「非情になりきるべきか、それとも運だけで選ぶべきか。」

そうムッタが悩んでいるときに、シャロンおばさんから聴いていたある言葉が思い浮かびます。

「迷ったときは『どっちが楽しいか』で決めなさい」

(『宇宙兄弟』5巻 小山宙哉/講談社 より引用)

この言葉を思い出してムッタは「じゃんけん」で宇宙飛行士に適した2人を選ぶことを提案しました。

そうすることで、ムッタの班は全員が不穏な空気になることなく試験を終えることができたのです!

あなたもこれからの未来で「どっちの道に進めばいいのか分からない状況」に出会う場面は多くあるでしょう。

そんなときに、シャロンおばさんの名言を思い出してください。

楽しいことを選べば未来は自然と明るい方向に開いていくことでしょう。

2-3 挑戦するときの勇気がでないときの名言「人生は短いんだ…!」「テンションの上がらねぇことに…パワー使ってる場合じゃねぇ…!」

「挑戦したいけど勇気がでない…。」

そんなときには、「ビンス」と「ピコ」の2人の名言がおすすめです。

ビンスはNASAの宇宙飛行士の先輩で、ムッタに指導もしています。

ピコはデンバー社の技術者で、ムッタにパラシュートの基本を教えました。

幼なじみのビンスとピコには、子どものころリックという仲間がいました。

小さな田舎町に住む3人の夢は「将来は宇宙に携わる仕事をすること」でした。

(『宇宙兄弟』11巻 小山宙哉/講談社 より引用)

しかし、3人全員で憧れの職業に就くという夢は叶いませんでした。

(『宇宙兄弟』11巻 小山宙哉/講談社 より引用)

ビンスとビコの親友である「リック」は交通事故に遭い、帰らぬ人となってしまうのです。

大きな悲しみに襲われるビンスとピコ。

実は夢を諦めかけていた2人でしたが、リックの「死」により再び夢を追いかけることを誓うことになります。

そのときに出た名言がこちらです。

「人生は短いんだ…!」

「テンションの上がらねえことに…パワー使ってる場合じゃねえ…!」

(『宇宙兄弟』11巻 小山宙哉/講談社 より引用)

人はいつ死ぬか分かりません。

1度きりの人生は、テンションのあがることにパワーを使いましょう。

2-4 自分の仕事で悩んだらこの名言「なんの引っ掛かりもなく堂々と言えるか…?」「これが…俺の一生の仕事です…って。」

4つ目の名言はムッタの親友であり共に宇宙飛行士を目指すケンジの言葉です。

ケンジは宇宙飛行士の試験を受ける前までサラリーマンとして働いていました。

自分の仕事自体は好きでしたが、心がウキウキとはずむことはありませんでした。

「子どもの頃に想像してた『大人の自分』はもっとこう…ブッ飛んでた!」

ケンジは、今の自分と小さいころに描いていた大人の自分とのギャップに苦しんでいたのです。

そんな研究者時代のケンジの名言になります。

(『宇宙兄弟』7巻 小山宙哉/講談社 より引用)

「このままここを一生の仕事場と決めてしまっていいのか…?」

「なんの引っ掛かりもなく堂々と言えるか…?」

「『これが…俺の一生の仕事です』…って。」

(『宇宙兄弟』7巻 小山宙哉/講談社 より引用)

いかがでしょうか。

この言葉にギクリとしませんでしたか?

仕事は人生の大半を占める大切な要素です。

ケンジはこの悩みを解決するために宇宙飛行士の試験に応募しました。

あなたも仕事のことで悩んだらケンジの言葉を思い出して、自分の一生の仕事について考えてみてはいかがでしょうか。

2-5 どうしても覚悟が決まらないときはこの名言「俺の敵はだいたい俺です」

どうしても覚悟が決まらないときの名言は、主人公ムッタから引用します。

第107話でムッタは宇宙飛行士の先輩「ビンス」とバーでお酒を飲むことになりました。

そのときビンスはムッタに「君にとっての敵は誰ですか…?」という質問をします。

しかしムッタは、「自分の周りはみんな仲間だ」と主張します。

それに対してビンスは「じゃあ君には敵はいないと…?」と返すのですが、そのときにムッタが今回の名言を口にするのです。

「俺の敵はだいたい俺です」

(『宇宙兄弟』11巻 小山宙哉/講談社 より引用)

シンプルな言葉ですが非常に深い言葉です。

自分が上手くいかないときや前に進めないときは周りの環境のせいにしがちです。

しかし、本当の敵は努力できない自分や覚悟を決められない自分ではないでしょうか。

ムッタのこの名言は自分の道を突き進むときに倒しておくべき本当の敵の正体を知ることができます。

2-6 心が挫けそうになったときの名言「もし諦め切れるんならそんなもん夢じゃねえ」

次はムッタの弟・ヒビトの名言を紹介します。

第2巻での出来事です。

ムッタは宇宙飛行士の選抜試験が終わり、結果を待っている間、ヒビトのいるヒューストンに滞在していました。

しかし、ムッタは結果が出る前から選抜試験の合格を諦めてしまっていたのです。

ムッタの合格を期待しているヒビトにも自分が試験に落ちることを伝えます。

(『宇宙兄弟』2巻 小山宙哉/講談社 より引用)

完全に諦めムードになっているムッタは「俺はドーハの悲劇生まれだから」と開き直ってしまいました。

そんなときにヒビトの名言がでます。

「もし諦め切れるんならそんなもん夢じゃねえ」

(『宇宙兄弟』2巻 小山宙哉/講談社 より引用)

ヒビトの言葉がグサリと胸に刺さるムッタ。

結果的にムッタは選抜試験を通過することができたのですが、このときのヒビトの一言はムッタに強く響いたことでしょう。

あなたも夢に向かって突き進んでいるときに大きな壁にぶつかるかもしれません。

そんなときに心が挫けそうになったら、ぜひこのヒビトの名言を思い出してください。

2-7 夢に突き進む覚悟ができたときの名言「どーせやるならその道の一流を目指そうぜ」

最後に読んでほしいのは「心のノートにメモっとけ」で有名なヤングじいさんの名言です。

ヤングじいさんは超一流のパイロットで、第13巻ではムッタの指導者を務めることになりました。

しかしヤングじいさんの指導は難易度が高く、ムッタもついていくのに必死になります。

そんな厳しすぎるヤングじいさんの指導にムッタは弱音をもらします。

「俺は宇宙飛行士になろうとしているわけで、一流のパイロットにまでなる必要はないと思うんだよな」

(『宇宙兄弟』13巻 小山宙哉/講談社 より引用)

そんなムッタの弱音にヤングじいさんはこう返事するのです。

(『宇宙兄弟』13巻 小山宙哉/講談社 より引用)

「一流の宇宙飛行士になる方法は教えられないが、一流のパイロットになる方法なら教えられる」

そして最後にこの名言が出ます。

「どーせやるなら、その道の一流を目指そうぜ」

(『宇宙兄弟』13巻 小山宙哉/講談社 より引用)

ヤングじいさんの言葉もシンプルですがグッときますね。

新しいことをチャレンジするときは、面倒くさいこともあれば手を抜きたくなる場面もあるでしょう。

しかし、やると決めたのであれば常に全力でその道の一流を目指したいものです。

そうすれば常に全力でチャレンジし続けることができます。

3、まとめ

楽しんでいただけましたでしょうか!

今回は

  • 『宇宙兄弟』の熱いストーリー
  • 『宇宙兄弟』の7つの名言

この2点を紹介させていただきました。

名言はエピソード付きで紹介したので、より心に響いたのではないかと思います。

『宇宙兄弟』では、1人1人が苦戦しながらも大好きな宇宙を目指す過程がしっかりと描かれています。

今回は特に、新しいことに挑戦したいあなたの背中を押すメッセージをピックアップしました。

あなたが壁にぶつかったときも、ここで紹介した名言を思い出して目の前の壁を乗り越えていけたら幸いです。

ここで紹介した名言を読んで「『宇宙兄弟』また読みたいな」と思ったのであれば、再び1巻から読んでみてください。

さらに熱い気持ちを手に入れられることでしょう。

 

マンガタリライター 金城テツヤ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

漫画大好き家族の末っ子として生まれた漫画超大好きライター! オキナワ生まれオキナワ育ち、なまりの強いやつはだいたい友達! 『宇宙兄弟』で泣いて『君に届け』でも泣きました!笑