『ザ・ファブル』が無料で読めるサービス3選!殺し屋が一般人を演じる魅力も解説

こんにちは!マンガタリライターのusuraiです。

「無料だし試しに1巻だけ読んでみるか」と読み始めた『ザ・ファブル』、どんどん夢中になってしまい、気が付いたら最新刊まで読み終わっていました。

あっという間に読み終わってしまった『ザ・ファブル』ですが、そういえば先日岡田准一さん主演で実写映画が公開されましたね!

映画のCMを見てタイトルを知った方も多いのではないでしょうか?

「殺し屋モノ」の魅力はなんといっても華麗な暗殺技です(と私は思う)。ところが動画に「殺し屋(休業中)」とか「誰も殺さず救出せよ」とあるように、暗殺はご法度!

じゃあ『ザ・ファブル』の何が魅力なの?というと……

最弱の一般人を演じる最強の殺し屋「佐藤明」と、その周りを取り巻くキャラクターたちが生み出すちぐはぐな面白さにあります!

そこで今回は、

  • 個性的なキャラクター
  • スピード感あふれるアクションとシュールなギャグ&誰も殺さない救出劇

以上の2点から『ザ・ファブル』の魅力を徹底解説!

さらに、「『ザ・ファブル』を無料で読みたい!」という方のために、なるべくたくさん無料で読む方法もご紹介!(※全巻無料では読めません。2019年7月現在)

ではまず、『ザ・ファブル』のあらすじからご紹介します。

スポンサーリンク

1、『ザ・ファブル』ってどんな漫画?

ザ・ファブル(1) (ヤングマガジンコミックス)
作者 南勝久
掲載誌 週刊ヤングマガジン
出版社 講談社
発表期間 2014年11月1日 –
巻数 既刊18巻(2019年6月6日現在)

実はこのマンガ、2017年第41回講談社漫画賞一般部門を受賞しています。

過去には「宇宙兄弟」や「3月のライオン」など、数々の有名作品が名を連ねている賞です。

面白さはお墨付きというわけですね!

the-fable-osusume1

もし命令を破って殺したら、ボスに殺されてしまう!

「ザ・ファブル」 1巻 南勝久/講談社より 引用

主人公は、裏社会の都市伝説ともいわれる最強の殺し屋「ファブル」

ある日突然、組織のボスに「殺し屋を1年間休業しろ」と命じられるところから物語は始まります。

しかも殺し屋を休業するだけでなく、遠く離れた大阪の地で一般人として生活をすることが義務付けられてしまいます!

ボス曰く「知らない土地で初めての事を経験することで、臨機応変を覚えさらに殺しのプロになれる」とのこと。

ボスの命令は絶対です。こうして「一般人」として仕事・恋・友達など「フツーの生活」を学ぶことが、この先1年間のファブルのミッションとなったのです。

決まった名前をもたない「ファブル」でしたが、一般人としての生活をするために「佐藤明」という偽名を与えられます。

今まで殺ししかしてこなかったファブル改め「佐藤明」に、果たしてこのミッションは可能なのか?一般人として「フツーの生活」を送ることはできるのか?

1話から目が離せない展開にどんどん引き込まれていきます!

2、『ザ・ファブル』の個性的なキャラクター6人をご紹介!「最強の殺し屋」かつ「最弱の一般人」とのちぐはぐなやり取りが面白い!

『ザ・ファブル』の面白さは、なんといっても個性的なキャラクターにあります!

「最強の殺し屋」が「最弱の一般人」を演じますが、これまでずっと殺し屋として生きてきたので、どうしてもどこか普通とズレてしまいます。加えて、佐藤明自体がとても

一風変わった佐藤明に振り回されることで、怖いはずの裏社会の人たちとのやり取りもギャグに変わってしまいます!

さらに一般人の生活に溶け込むため、伝説の殺し屋がなんと時給800円で働き始めます!しかも、バイト先の人たちは佐藤明を「弱虫」と思い込んでいるという。その様子を想像するだけで笑えます…!

というわけで、

  • 「佐藤明」は一体どういう人物なのか?
  • 裏社会の人たちをどう振り回していくのか?
  • 「最強の殺し屋」が一般人と関わるとどうなるのか?

こちらを詳しくご紹介したいと思います!

2-1 主人公「佐藤明」の殺しテクは金メダル級だけど超猫舌で笑いのツボも変!一般人を演じるもどこかズレる伝説の殺し屋

伝説の殺し屋と言われるだけあって、その腕前は確かなもの。

「佐藤明」の戦闘を見た者は、たとえ本人が名乗らなくても「あいつがファブルだ」と確信してしまうほどです。

the-fable-osusume2
殺し屋休業前の「佐藤明」。冷静で確実な仕事っぷり

「ザ・ファブル」 1巻 南勝久/講談社より 引用

もし暗殺にオリンピックがあれば金メダル級であろうという圧倒的な強さ!

相手が複数だろうがなんだろうが、一瞬で全てを片付けます

もちろん自分は無傷!伝説になってしまうのもわかるほど、圧倒的な強さを誇ります。

the-fable-osusume3
誰かを助けたいという気持ちは、一般人と変わりません

「ザ・ファブル」 6巻 南勝久/講談社より 引用

ただし、冷徹無比な殺人鬼というわけではありません。殺しはあくまで「仕事」であり、快楽でするわけではないのです。

世話になった人には恩返しをしたいという義理堅い一面も持ち合わせています。

また、この「佐藤明」の特徴は強さだけではありません。

子供の頃から殺し屋として育てられたせいなのか、もともと持つ本人の資質なのか、とにかくめちゃくちゃ変わっています。

the-fable-osusume4

笑いすぎでちょっとコワイ!

「ザ・ファブル」 1巻 南勝久/講談社より 引用

お笑い芸人ジャッカル富岡の大ファンで、彼のギャグには常に大爆笑

無表情な佐藤明がここまで感情をあらわにするのはここだけです!

周囲の人間には「そんなに面白い?」と言われることから、ジャッカル富岡の面白さを理解してくれる人はあまりいない模様。

でも佐藤明はとにかくツボにはまっているようで、ジャッカル富岡の出演するドラマも毎週欠かさず視聴しています。

the-fable-osusume5
無茶苦茶オーバーリアクションに見えますが、本人はマジ

「ザ・ファブル」 1巻 南勝久/講談社より 引用

さらに、とんでもない猫舌の持ち主。熱いものがとにかく苦手です!

洋子がいる時は「ふーふーしてくれ」とお願いします(なぜ自分でやらないのかはわかりません(笑))

そして冷ましてもらった後に食べても、必ず熱がる!!

他の人からすれば絶対熱くないものも、熱くて食べられないほどの猫舌です。(ちなみに猫舌の理由は、物語が進むにつれ明らかになっていきます)

また、いきなり「殺し屋」をやめて「一般人」を演じようとしたためか、どこか一般人とズレてしまいます。

the-fable-osusume6
なんのためらいもなく、ムシャムシャ食べます

「ザ・ファブル」 3巻 南勝久/講談社より 引用

会社の飲み会にて、料理を囲みながらお酒を飲む一同。

そこで佐藤明は何げなく枝豆を食べるのですが……まさかの皮ごと!

すかさずツッコまれます。佐藤明にとっては枝豆を皮ごと食べるのは「ふつう」でした。

が、周囲のリアクションで一般人の「ふつう」と違うことを悟ります。

the-fable-osusume7

5mはありそうな高さ!

「ザ・ファブル」 2巻 南勝久/講談社より 引用

また別の日、「一般人」を演じるためヤンキーから逃げ回る佐藤明。追いかけっこの末に、橋から飛び降ります。

普通の人が飛び降りたら怪我してしまう高さでも、無傷ですませられるのがさすがといったところ。

どう見ても「一般人」ではないですね!

2-2 伝説の殺し屋「佐藤明」に振り回されっぱなし!?妹役の相棒や弟子入りを拒否されるヤクザ

それではここからは、佐藤明=伝説の殺し屋と知っている人たちをご紹介!

相棒である佐藤洋子をはじめとした裏社会に生きる人々です。ただし裏社会の人間だから怖い……というわけではなく、こちらもかなり個性的。

佐藤明の個性との掛け算が、さらに物語を面白く彩ります!

the-fable-osusume8

ものすごい表情で佐藤明にアイコンタクト!

「ザ・ファブル」 13巻 南勝久/講談社より 引用

「佐藤洋子」は、もともと情報係や運転手として佐藤明の殺しの相棒でした。

佐藤明が殺し屋を休業する時に、ともに「佐藤洋子」という偽名を与えられ、佐藤明の妹役として大阪で1年間休業することになります。

殺しの組織の人間ですが佐藤明よりは一般人の生活を理解しており、佐藤明のリアクションが「一般人」と違う時修正指示を送ってきます!

そして洋子はかなりの酒豪で、暇つぶしにとんでもない趣味を持っています。このページでもその片鱗が見えていますね……。

詳しくはマンガでぜひご覧いただきたいです!

the-fable-osusume9

初対面だろうがお構いなし!

「ザ・ファブル」 1巻 南勝久/講談社より 引用

佐藤兄妹はかねてより付き合いのある大阪のヤクザ「真黒組」の所有する住宅に住むことになります。その真黒組の若頭で、前科5犯のバリバリの武闘派な男が「海老原」です

これから世話になる潜伏先の、上から2番目に偉い若頭。さらにコワモテ。

普通であれば気を使うような場面でも、佐藤明は気にせず鼻毛を指摘します!!

また、殺し屋=殺人鬼だと思っていた海老原は、はじめは自分の街に訪れた「伝説の殺し屋」を追い出したいと考えていました。

the-fable-osusume10

時には貢ぎ物も用意しちゃう黒塩

「ザ・ファブル」 7巻 南勝久/講談社より 引用

佐藤明が目の前であっという間に敵を倒す姿を見た「黒塩(通称クロ)」。それ以来、殺し屋という職業に強い憧れを抱くようになります。

「自分も殺し屋になりたい!」と、明に弟子入りを懇願しますが、あっさり断られてしまいます。

それでも諦められず、明に近づくためにあれやこれやと手を打ちます。

その必死な姿はちょっとカワイイです(笑)。

2-3 「佐藤明」=喧嘩の弱い泣き虫!?最強の殺し屋が一般人としてバイトする!

続いて、佐藤明が「一般人」として働くデザイン会社オクトパスの人々をご紹介!

佐藤明は、たまたま出会った岬の紹介でこの会社で働くことになります。

3名しかいない小さな会社ですが、仕事を探していた佐藤明を快く受け入れてくれます。

ただし、岬と出会った時の明は「不良にやられて泣く一般人」を演じていました。

そのため、オクトパスの人たちには「不良にやられて泣いていた情けない男」と認識されています。

the-fable-osusume11
見事な泣き虫っぷり!

「ザ・ファブル」 1巻 南勝久/講談社より 引用

「最強の殺し屋」とはかけ離れた「最弱の一般人」を演じる佐藤明。今までとは違った一面を見せる「佐藤明」とのやり取りが必見です!

the-fable-osusume12

誰もが遠巻きに見つめる中、一人手を差し伸べてくれた岬

「ザ・ファブル」 1巻 南勝久/講談社より 引用

佐藤明がもめ事を起こさないよう「最弱の一般人」を演じている時に、ハンカチを差し出してくれた優しい女性「清水岬」

出会いが出会いだっただけに、明のことを泣き虫だと思っています。

借金返済のためにあちこちバイトをかけもちし、いつも走り回っている姿が印象的。

明がバイトの面接に奔走している時にたまたま出くわし、自分の会社で働かないかと誘います。

the-fable-osusume20

時給100円アップ!

「ザ・ファブル」 4巻 南勝久/講談社より 引用

いわゆる大阪のおっちゃん!という感じの、デザイン会社オクトパスの「田高田社長」
面倒見がよく、明の真面目な働きぶりも評価しています。

明に描かせたイラストが気に入り、時給も100円アップしてくれます。

ただし明の描くイラストがあまりに味があるので、本人の力の入れようとのギャップ笑いをこらえることも多々。

3、アクションもギャグも超一級!さらに殺さずに救出!?完全にカッコいいのにどこかズレちゃう「最弱の一般人を演じる最強の殺し屋」の3つの魅力!

『ザ・ファブル』の面白さは、個性的なキャラクターだけにとどまりません。

スピード感あふれるアクションとシュールなギャグ、それに加えて誰も殺さない救出劇の迫力。

そこに「最弱の一般人を演じる最強の殺し屋」がかけ合わさることで、どこかズレた面白さが生まれます!

というわけで『ザ・ファブル』の魅力をご紹介するために、

  • スピード感あふれるアクション
  • 合間に挟まれるシュールなギャグ
  • 誰も殺さずにどうやって救出するのか

以上の3点を解説していきます!

3-1 どんな相手でも6秒で倒す!スピード感あふれるアクションがカッコいい!

the-fable-osusume14
何もできないままやられる相手

「ザ・ファブル」 2巻 南勝久/講談社より 引用

「どんな相手でも6秒で倒す」が教訓の佐藤明。その戦闘シーンは、とにかく一瞬!!

このシーンに至っては3秒で終わっています……!

ページ数にしたら本当に数ページ。その短さが、そのスピード感を表しています。

the-fable-osusume16

はられた罠も、すんでのところでかわす!

「ザ・ファブル」 12巻 南勝久/講談社より 引用

巻き込まれたら大怪我必至の大爆発
「最強の殺し屋だから大丈夫なんだろう」と心のどこかで思っていても、やっぱりヒヤヒヤします。

このように、佐藤明が「最強の殺し屋」としての顔を見せるシーンは、アクションがとにかくカッコいいです!

3-2 手に汗握るアクションの合間にシュールなギャグ!

the-fable-osusume15

急にどうした!?

「ザ・ファブル」 2巻 南勝久/講談社より 引用

緊張の走る場面であっても、突然の変顔!

本人曰く、これは脳内のスイッチを「戦闘モード」に切り替えるためにする変顔らしいです。

しかし、周りからすれば意味不明で怖いです。海老原も引いてますね(笑)

the-fable-osusume17

不毛な腕相撲

「ザ・ファブル」 13巻 南勝久/講談社より 引用

アクションパートの後に挟まれる日常パートの「喧嘩の弱い泣き虫の一般人」としての佐藤明。

「最弱の一般人」を演じる佐藤は、腕相撲にもワザと負けようとします。

ですが、社長の方も明に花を持たせようとして、どちらも力の入っていない謎の腕相撲がスタート!勝負がつかない!!

3-3 必要であれば弱いフリも!殺意や気配を消し誰も殺さずに対象を救出する

the-fable-osusume11
プロの演技で弱者を演じる!

「ザ・ファブル」 1巻 南勝久/講談社より 引用

プロ意識が高く、常に「プロとして」どう動くかを考えている佐藤明。プロとして一般人を演じなくてはならないため、岬との出会いのシーンでも弱いフリをしました。

the-fable-osusume18
ワザと殴られておびえたフリ

「ザ・ファブル」 18巻 南勝久/講談社より 引用

「最強の殺し屋」であれば対象を殺せば一瞬ですむ場面でも、誰かを救出しなければならない時はそうもいきません。

必要であれば「最弱の一般人」を演じて敵の懐に忍び込みます。

the-fable-osusume19
強さの気配も完全に消し去る

「ザ・ファブル」 18巻 南勝久/講談社より 引用

強さの気配も消し、完全に「最弱の一般人」を演じる佐藤。相手が裏社会の人間でも気づかれません!

4、『ザ・ファブル』が無料で読めるサービス3つ!登録不要やお試し期間ありのものも

『ザ・ファブル』の魅力をたっぷり解説したところで、「なるべくたくさん無料で読みたい!」という方にオススメのサービスを3つご紹介します!(※全て2019年7月現在の情報です)

 

★LINEマンガ

アプリをインストールすれば、登録不要ですぐに読めます!

1~3話までは無料ですぐに読めて、続きは1日1話ずつ開放されていくシステムです。時間はかかりますが、59話までは無料で読めます!
(※公開期間は2019/7/31まで)

「登録が面倒!」という方にはこちらがオススメ。

 
★FOD

Amazonアカウントを利用して「FODプレミアム」に初めて登録すると、1ヵ月間無料で見放題作品が楽しめます。

が、『ザ・ファブル』は見放題作品ではありません。ではどうするのかというと、無料でもらえるポイントを使います!

FODプレミアム会員は毎月8のつく日(8日、18日、28日)に400ポイントもらえるので、1ヵ月で計1200ポイントもらえます。

そのポイントを使えば『ザ・ファブル』が実質無料で2巻まで読めます!

さらにボーナスポイント100ポイント+電子書籍購入で20%のポイントバックがあるので、あまりのポイントで他の読みたい作品も読めちゃいます!

動画配信サービスもついているので、映画やドラマも見たい人にはオススメ!

 
★music.jp

30日間無料お試しサービスに登録すると、1ヵ月間無料で見放題作品が楽しめます。

ただしこちらも『ザ・ファブル』は見放題作品ではないので、入会時に無料でもらえるポイントを使用します!

入会特典で961Ptもらえるので、『ザ・ファブル』だと1冊無料で読めます!

動画配信や音楽配信サービスもあるので、マンガ以外も楽しみたい人にオススメです。

 

 

以上、『ザ・ファブル』が無料で読めるサービス3つをご紹介しました。それぞれ特徴があるので、

  • 手軽さ
  • 付属するサービス
  • プラスでもらえるポイント

などから、自分に合ったサービスを使うことをオススメします!

5、まとめ

今回は『ザ・ファブル』について、

  • 「最強の殺し屋」が演じる「最弱の一般人」とその周りの個性的なキャラクター
  • スピード感あふれるアクション&クスッと笑えるギャグと、殺さずに行われる救出劇
  • 『ザ・ファブル』をなるべく無料でたくさん読む方法

以上の3点をご紹介しました!

『ザ・ファブル』は、殺しを休業した「最強の殺し屋」が「最弱の一般人」を演じると、こうもちぐはぐで面白くなるのか……!と私が思わず夢中になってしまった作品です。

アクションだけでも、ギャグだけでも成立しない、2つの要素がうまく絡み合ったストーリーをぜひご覧ください!

ちなみに『ザ・ファブル』は現在18巻まで発売されています。なので、映画では描き切れなかった部分もたくさんあります!

私は映画も見ましたが、漫画の佐藤明は映画よりもさらに強くてさらに笑えます!

映画を見て面白かった人は絶対にハマりますし、映画をこれから見るという方も、先に原作を読んでおけば「佐藤明」が岡田准一さんで動く楽しみが味わえます!

映画を見た方も、これから見る方も、ぜひ一度原作マンガ『ザ・ファブル』を読んでみてください!

usurai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

usurai

関西在住の漫画好き30代。お金と時間が許すなら一生漫画を読んでいたい。得意技は漫画アプリ試し読みからの全巻まとめ買いコンボ。「それでも町は廻っている」は、また読んでんの?と突っ込まれるぐらい繰り返し読みました。その他ジャンル問わずに面白そうな漫画には飛びつきます。ハルタコミックは大体好き。