ジャンプの漫画なのに友情がない?!異端漫画「デスノート」の魅力に迫る

こんにちは、マンガタリライターのいっちーです。

今回は今年の8月25日にハリウッド実写映画化として全世界に配信され、ネット上で注目の的となった漫画「デスノート」の魅力を簡単な紹介を踏まえながら存分に語っていきたいと思います。

「デスノート」は初版発行から約13年たつ現在でも映画化されたりと人気の衰えを見せない大人気作品です。

この映画公開で話題となったことをきっかけに「デスノート」をチェックしてみようという人も多いと思います。

しかし、「デスノート」を漫画で読んだり、映画で見たことがない人はホラー要素が強かったり、グロテスクな表現や記述があったりして手を出しにくいなど考えているかもしれません。

僕も読む前まではそういう作品だと思っていました。

でも、安心してください。

この作品にはそういう要素はほとんどなく、主にトリックや心理戦がメインで構成されているのでエンターテインメントとして作品を楽しむことができます。

また、今回「デスノート」を語っていく上でネタバレを極力避けるために、主な内容と画像は漫画の1〜3巻しか用いておりません。

ですのでネタバレが気になる人も安心して読んで頂けます。

ぜひ気軽にご覧ください。

1.「デスノート」の基本ストーリー

DEATH NOTE モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

著者 【原作】大場 つぐみ
【漫画】小畑 健
出版社 集英社
巻数 12巻(完結)
発行部数 2650万部

デスノートは12巻完結の短めの漫画にも関わらず発行部数2650万部を記録したり、数多くの実写化がなされたりと初版発行から約13年たつ今でも未だにヒットされている作品です。 

名前の書いた人間を殺すことができる死神界のノート(デスノート)の力を使って自らの正義を信じて犯罪者を殺害し、犯罪者のいない理想の世界(新世界)を作り上げようとする主人公 夜神 月(やがみ らいと)と、世界一の名探偵Lとその志を引き継ぐものたちによる頭脳戦、心理戦が主に描かれています。

また入り組んだストーリの中でも物語は非常にリアルな形で構成されており、死神というファンタジックな要素と、論理の申し子のような主人公という2つの相矛盾するような要素が自然に混じり合っています。

 

2.13年経っても未だにヒットを続けるデスノートの魅力!

2ー1.「デスノート」ならではの超個性的なキャラクターたち

デスノートに登場するキャラクターは個性的なキャラが多いです。

例えば主人公の夜神月(キラ)は警察やFBI捜査官、時にはライバルのLをも騙し翻弄する思考力を持ちいて
自らが理想とするキラを中心に世界が回る新世界を構築しようとします。

キラが考える新世界とは犯罪者やキラに刃向かうものたちは全員悪であり、排除すべき存在であるというものです。

夜神月は容赦無く次々とデスノートを使い理想世界を阻むものたちを殺害していきます。

ここまで自らの新世界の構築という理想実現ために、殺害という悪を行ってまでも揺るぎない信念を貫く極端な性格のキャラクターは他の漫画でも類を見ない個性的なキャラクターと言えます。

 

引用元:大場つぐみ、小畑健『デスノート』集英社

キラのライバルのLも超個性的なキャラクターの一人です。

彼は普通の人が気にしない些細な勝負でも負けを嫌う、見た目通りの子供じみた性格を持つ一方で非常に疑い深く、自分が確実に納得するまではあらゆる手段を使って真実を追求する、見た目とは裏腹の世界一の名探偵Lとしての側面も持ちます。

その行動スタイルは常に長袖、ジーパンを着用し、歩く時は基本ポケットに手を入れ、座る時は体育館座りをするというものです。

まさに性格、行動スタイルともに、今までに類を見ない極端な変態キャラクターと言えます。

 

 

 

引用元:大場つぐみ、小畑健『デスノート』集英社

 また、退屈しのぎのために人間界にデスノートを落とした死神リュークも見た目からして超個性的なキャラクターの一人です。

その姿は特徴は四肢を持つ大柄な身体で、肩には、翼や漆黒の羽が付いており、人間には不可能な凄まじいポーズも可能としています。

また、リューク以外にもデスノートでは様々な死神が登場しますが、それぞれに姿、特徴、性格がきちんと分けられています。

私はデスノートを読んでからは、死神というという言葉を聞くと、
鎌を持った世間一般的に言われているではなく、リュークの方を想像してしまうようになってしまいました。

デスノートのキャラクターたちにはそれほどのインパクトがあると思います。

一度見たら忘れようと思っても忘れることのできない斬新な姿をしている死神たちの存在も魅力要素の一つです。

  

 

 

引用元:大場つぐみ、小畑健『デスノート』集英社

 以上3人のキャラクターを紹介していきましたが、「デスノート」ではこのような

現実社会ではもちろん、他の漫画でも類を見ない超個性的なキャラクターの存在がとても魅力的な要素の一つと言えるでしょう。

キャラクターたちの繊細な心の動きや予想を超える展開、段々とくちていく夜神月の人間性の変化にも注目です。

また、以上の3人のキャラクター以外にも「デスノート」ではキャラクター一人一人に絵を見た途端このキャラはこれしかないと思えてしまうほどの説得力があり、キャラクターの被りがほとんどないため、読んでいてキャラの特徴をすぐに捉えることができるようなデザインになっています。

2ー2.常人離れした頭脳を用いた心理戦や駆け引き

デスノートでは多くの天才や秀才たちが登場します。

心理戦や駆け引きではお互いが相手の考えていること意識し、自分の心理を曝け出さないように常にリスクを最大限に考え、2手3手と相手が実行しようとしていることを先読みします。

このような常人では考えられない頭脳を用いた複雑で高度な心理戦や駆け引きもデスノートの魅力の一つです。

また、一般の漫画の心理戦の場合、主人公が善で悪である敵を成敗していく物語が主流ですが、デスノートでは主人公が悪役なのであらゆる嘘をつきます。

そしてその悪を成敗しようとするLもキラに対抗するためにあらゆる嘘を駆使したりとデスノートでは主役たちが基本的に自分の心理をバラさないように本音を話したり、一般的に善であると言われている行為を行わないのです。

主役のふたりがここまで嘘による騙し合いを行うという作品もあまり他では見受けられないのではないかと思います。

その中でもデスノートの中で唯一のスポーツ対決であるテニスでの対決は、スポーツ漫画のような臨場感のある描写と、テニスを通したお互いの性格や心理の探り合いがとても良く表現されています。

個人的に1〜3話までは最も好きな大注目の一戦です。

引用元:大場つぐみ、小畑健『デスノート』集英社

2ー3.様々なトリック

デスノートでは様々なトリックが繰り広げられていきます。

例えば、物語の序盤でキラがデスノートを用いたトリックとして
罪人は心臓麻痺で、道徳のない者を病死や事故死で殺害するという場面が物語の中にあります。

この使い分けを行なったことによって、悪人は消されるという恐怖感を煽り、人々の良心を喚起させることができるという効果をキラは世界中の与えることができました。

こうした高度なトリックがある一方で、
キラからの殺害を免れるために偽名を名乗るという単純な方法もあります。

引用元:大場つぐみ、小畑健『デスノート』集英社

 こういった様々なトリックを用いた心の探り合いや騙し合いといった要素も見所です。

 

2ー4.人を殺せるノートとそれを管理する死神

引用元:大場つぐみ、小畑健『デスノート』集英社

デスノートはもともと死神界に存在するものでそれを管理しているのが死神になります。

デスノートには数多くのルールが定められており、管理している死神ですらその全てを知らされていない謎がとても多いノートです。

基本ルールとして

・デスノートに名前を書かれた人間は死ぬ。

・名前を書かれる人物の顔が頭に入っていないと効果は得られない。

などが挙げられますが、どのルールも使用者の使い方次第でプラスにもマイナスにも働きます。

また、このルールは絶対でありいかなる理由があろうとも逆らうことはできません。

この絶対的な存在を天才たちがどう理解し、どう利用するかといったところも「デスノート」の大きな魅力の一つです。

ー5.少年ジャンプの法則に当てはまらない

最近では、「ワンピース」、「ドラゴンボール」、「キングダム」などの週刊少年ジャンプを代表する多くの作品が、「友情、努力、勝利」という「ジャンプ三原則」に当てはまります。

この「ジャンプ三原則」とは強い敵が次から次へと登場し、主人公やその仲間たちがお互いに友情を育み努力し成長することで、その敵に勝利しさらに強くなっていくという黄金パターンことです。

しかし、デスノートではこれらのパターンに当てはまらないストーリーで成り立っています。

主人公の夜神月はダークヒーローで頭脳戦、心理戦をメインとしており、基本的に友情という感情は一切なく、表面上で友情を見せているだけで全て偽りの友情です。そして初期の段階から努力を一切することなくデスノートという強大な力を得るので勝利もややおぼつかないところばかりです。

例えば、物語の一ページ目はこれからのストーリーの決め手しまうとても大事なページですが、
いきなりそこから、「この世は腐っている」という言葉から始まりました。
 
これは今までの漫画とは何か違うというインパクトを出だしから読者に与えることができたと思います。

まさにデスノートは「ジャンプ三原則」の対極にある異端の作品と言えるでしょう。

異端である作品だからこそ表現することのできる、次の予想がしにくいほど入り組んだストーリーとそれらを支える思わず見とれてしまう描写によって、デスノートは少年ジャンプの読者層の多い中学生以下の少年たちだけでなく、青年層や中年層にまで幅広い支持を得ることができています。

これらの魅力や理由によってデスノート13年経っても色褪せずにヒットを続けているのだと私は思います。

3.デスノートは原作と漫画が別々 近年「原作付きマンガ」が熱い!

手塚治虫さんが全盛期の時代は、ストーリーから作画まで一貫して一人で作りあげるのが一般的でした。

しかし近年では、ストーリーやキャラクター設定を原作者が考え、作画を漫画家が描くというそれぞれの特技を活かして別々に製作する作品が増えてきています。

このような漫画は近年「原作付きマンガ」と呼ばれ今回紹介したデスノートもこれにあたります。

役割を分担することによってそれぞれの作業に集中することができたり、得意な分野の作業を行うことで真の実力を発揮することができ一人で製作するよりもクオリティの高い作品を生み出すことが狙いです。

デスノートの魅力として忠実なストーリーと迫力のある画力が挙げられますが、これは原作/大場つぐみさん 漫画/小畑健さんという最強タッグが組んだことによって実現されたものと言えるでしょう。

デスノート以外にも同じ原作者、漫画家の作品として

「バクマン」

バクマン。 モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

「プラチナエンド」

プラチナエンド 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

他にも有名な作品として

「金田一少年の事件簿

金田一少年の事件簿 File(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

「北斗の拳」

北斗の拳 1巻

 

「アイシールド21」

アイシールド21 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

などが挙げられます。

4.キャラクターの表情や心情変化に注目して読むのがおすすめ!

引用元:大場つぐみ、小畑健『デスノート』集英社

デスノートでは、夜神月(キラ)やLなどの個性的なキャラクターが多く漫画の絵をよく見ると表情や心情変化がとても良く区別して表現されています。

特に白熱な心理戦ではキャラクターの表情や心情が大きく変化するので良く見るとそこから人間の心理について学ぶこともできたりします。

読み方次第では実生活で人間の心理の微差を読み取る力や心理の微妙な変化に気づく力を鍛えることができるかもしれません。

しかし、主に友情、努力、勝利がメインのワンピースやナルトのような少年漫画で読み慣れている人は深読みしすぎると、複雑な心理戦によるストーリーや文字数の多さなどが理由で読むのが苦痛になってくるかもしれません。

私も始めに読んだときは一言一句真剣に理解しようとして途中から読むのが少し苦痛でした。

ですので始めに読む時は文字を一言一句読むのではなく、内容を軽く理解しながら絵を追うような形で読み、再度読むとき深読みするという形をとる。

もしくはアニメの方が漫画よりストーリーが複雑化されていないのでアニメから見てみるなどの見方をしてみることをおすすめします。

もちろんそんなことをしなくても内容は理解できるという人は最初から文字を深読みして頂いても構いません。

5.ハリウッドでまさかの実写化!

今年の3月にデスノートがハリウッドで実写映画化されました。この映画の公開によりデスノートが各国により広まり、825日にはNETFRIXで全世界オンラインストーリーミング配信されました。

しかし、実際に見てみましたがアメリカで受け入れられるために大幅にストーリーが改善されているため、原作のキラとLの高度な頭脳戦、心理戦には期待できませんでした。

少しネタバレすると主人公の夜神月が、デスノートの秘密をすぐに友達に話してしまったり、Lがすぐに激怒したりと原作とは違ったキャラクター設定とストーリーで展開されていきます。

ですが、ドラマティックな要素が多い海外ドラマや映画を好む人は、漫画のデスノートとはまた違った作品として楽しむことができるかもしれません。

ですが原作のデスノートのストーリーを知っている人からすると、突っ込み要素が多く苦笑いが止まりません笑。

また、原作のファンからの批判の声も多いようです。

6.実写映画、ドラマ、アニメなどがあるけど実際どうなの?

デスノートは多数の実写映画化、ドラマ化などが公開されましたが、1番良いのはやはり原作の漫画だと思います。

一番の理由として絵でしか表現できない緻密さや間が上手く表現できているからです。

また、アニメもほぼ原作と同じストーリーで表現されているのでおすすめです。

実写映画やドラマなどはハリウッド映画まではいきませんが、こちらもトリック、頭脳戦、心理戦よりはドラマティックな要素や大きい演出が強い傾向にあり、放送時間が限られているために大きな場面を無理に繋げていることからストーリーも原作とは異なります。

ですので、これから視聴する方は、原作とはそもそも違うものであり、
魅力的な要素もそれぞれの作品によって異なる、ということを前提に見ていただければ楽しんで頂けるかと思います。

7.ほとんどお金がかからず「デスノート」の世界を堪能できます!

デスノートは12巻完結と短めの漫画ですが、短い中でも台詞やキャラクターの思考などがとても多いので友情、努力、勝利から成り立っている王道の少年漫画などでは少し物足りないという人やそれらの漫画が読み飽きてしまったという人には特にオススメです。

漫画は中古ですとAmazonで大体、全巻1000円前後で安価購入することができるので気軽購入することができます。

また、今ならアニメ、実写映画、ドラマなどはYoutubeで全話無料で視聴することができます。全画面で表示されない作品も多々ありますが、是非興味のある方は一度見てみてください。

8.まとめ

以上「デスノート」について色々語ってきましたが、いかがだったでしょうか?

最後に「デスノート」の魅力をまとめて見ると

  1. 一度見たら頭から離れない超個性的なキャラクターたちの存在
  2. 天才たちの頭脳を活かした壮絶な心理戦、駆け引き、トリック
  3. デスノートの絶対的なルールとそれを管理する死神の存在
  4. 「原作付きマンガ」だからこそ成し遂げることのできた忠実なストーリーと迫力のある画力
  5. 心理戦や駆け引きによるキャラクターたちの表情や心情の変化

これらが個人的に魅力的でした。

この記事を読むことで「デスノート」を漫画で読んだり映画で見たことがない人が興味を抱くきっかけになったり、改めて漫画を読んだり映画を見てみようと思った人がいるのであれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

いっちー

和佐大輔の新刊が無料で読める!
僕が漫画から学んだ
1億円の稼ぎ方

ドラゴンボール、ワンピース、ラッキーマン、ウシジマくんなど、数多の漫画から和佐大輔は何を学び1億円を稼げるようになったのか。17歳で起業して12年間連続で1億円を稼ぎ続けるインターネットマーケティングの天才・和佐大輔が、累計1万冊以上の漫画を読んで学んだビジネスの極意を語る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。