漫画『逃げ恥』の最終回&番外編の感想と各キャラの名言まとめてみた

はじめまして!

マンガタリライターの中山 今です。

少年漫画大好き女子ですが、こんな私も漫画「逃げるは恥だが役に立つ」、通称「逃げ恥」にはムズキュン死にさせられました。

思えば恋ダンス、ムズキュンなど、ガッキーと星野源主演のドラマは一大旋風を巻き起こしました。

逃げ恥ロスになってしまった人も多いのではないでしょうか?

(源さんの「恋」に押されがちですが、オープニングのチャラン・ポ・ランタンもイイですよねえ)

さて、ドラマは大人気のうちに幕を閉じましたが、漫画も同時期に最終回を迎え、完結しています。

また最終巻9巻では、百合ちゃんが主役の番外編も掲載されています。

漫画の最終回も番外編もまだ読んでいない人は、その内容…気になりますよね!?

今回は最終回&番外編を未読のアナタのために、

  • 漫画逃げ恥の最終巻前までのあらすじ
  • 漫画の最終回&番外編のストーリー解説

の紹介と

  • 最終回の感想
  • 番外編の感想

を語ります!

またフレンドパークのパロディや真田丸ネタなど、クオリティの高い小ネタが話題になった逃げ恥ドラマ。

実は漫画版にも、鋼の錬金術師や徹子の部屋など、思わずニヤリとする小ネタが至る所に仕込まれています。

最終回&番外編と合わせ、

  • 漫画版小ネタの解説

もしちゃいます!

逃げ恥ってそもそもどういう話だっけ?」という方も大丈夫。

さらっと漫画版逃げ恥のおさらいから始めて、改めて逃げ恥の魅力を確認しましょう!

1、逃げ恥ってどんな漫画?

逃げ恥とは正式名称「逃げるは恥だが役に立つ」、Kissに連載されていた少女漫画です。

逃げるは恥だが役に立つ 1巻より引用

作者 海野つなみ
出版社 講談社
掲載誌 Kiss
掲載号 2012年22月号~2017年2月号
単行本巻数 全9巻
受賞歴 第39回講談社漫画賞・少女部門受賞

紙・電子書籍の累計で330万部越えのヒット作品です。

少女漫画は10万部売れれば成功」と言われる中、この数字は面白さを裏付けていますね。

(ちなみに、同じ2017年での書籍ヒット作と言えば又吉直樹著「火花」。発行部数300万部です)

2、逃げ恥の最終回前までのあらすじ!

それでは忘れてしまった人のために!

逃げ恥の最終回前までを振り返りましょう~。

逃げるは恥だが役に立つ 8巻より引用

心理学専攻で大学院卒、無職。25歳森山みくり。

SEで高齢童貞、かつ「プロの独身」。36歳津崎平匡。

就職が決まらないみくりと独身のデメリットが気になる平匡さん。

そんな二人が出会い、選択したのは愛を伴わない「雇用としての結婚」!

 

逃げるは恥だが役に立つ 1巻より引用

理屈っぽくて合理的、二人の偽装結婚生活は案外うまくいっていました。

しかし、「新婚のにおいがしない」と平匡さんの職場の同僚からは怪しまれ、

お辞儀しあう夫婦。。

逃げるは恥だが役に立つ 1巻から引用

みくりの伯母、百合ちゃんも心配してあれこれおせっかいを焼いてきます。

強制新婚旅行!

逃げるは恥だが役に立つ 4巻から引用

しかし、契約結婚の最大の敵はみくりと平匡さんの恋!

童貞、がんばる。

逃げるは恥だが役に立つ 4巻から引用

ひとつ屋根の下で暮らす二人には、いつしか恋心が芽生えます。

しかし恋をすることで、

専業主婦業の職務」として行っていた家事が

愛に頼った無償提供」になってしまうとみくりは悩みます。

家事の時間、クオリティ、それぞれの分担…

恋もしたいけど、就職もしたい。

現金収入も欲しいけど、愛する人の笑顔も見たい。

悩めるみくりに平匡さんが出した回答は、

結婚における「共同最高経営責任者」

として、ルールにのっとった実験生活をスタートさせるというものでした…

 

3、最終回を迎え、キャラそれぞれの恋愛観について解説してみた

逃げるは恥だが役に立つ 9巻より引用

 

逃げ恥は、キャラごとに様々な恋愛観を抱えています。

特に印象に残ったカップル&キャラの感想を語ります!

と、その前に、最終回のストーリーを解説させていただきますね。

 

逃げるは恥だが役に立つ 最終話ストーリー解説】

みくりは、正社員の正式採用や引っ越しであわただしい生活をしていた。

そんな中、平匡との間で開かれる第二回共同最高経営責任者会議(家庭の)。

会議は滞りなく進行し、その中で「婚姻届けの提出日」が決定される。

一方、八百屋のやっさんは野菜のジャムの通販を始めた。商店街の人たちも元気な様子で、みくりは安心する。

その後みくりと平匡は無事引っ越しをし、新居でお祝いの餃子パーティーが行われる。

集まったみんなそれぞれが、元気で幸せな模様。

さらに後日、みくりと平匡は婚姻届けを提出するが、その帰り道でも生活システム構築について話し合う二人。

二人はささやかなお祝いをし、優しく微笑みあう…

 

それでは、最終回の感想を語ってみます!

逃げ恥は、誰を主観にして見るかで感想の異なる漫画です。

とりわけ強い印象を残したカップル&キャラクターの最終回感想をお届けします!

その1 みくりと平匡さん~理屈っぽくなきゃムズキュンしない~

逃げるは恥だが役に立つ 9巻より引用

みくりは試用期間を経て正社員に。

平匡さんも転職先で順調にやっている模様です。

家庭における共同CEO(最高経営責任者)として、二人の家事や金銭負担の違いについては都度の話し合いで解決することにしました…

って、会社かよ!!

ネット上では、みくりも平匡さんもめんどくさい人…という評判も多いですね。

ええ、ええ、めんどくさいですね(笑)。

もっと直感でやんなさいよ!と思う場面もしばしばありました。

でも、二人は理屈っぽいだけでなく、心が通い合っています

婚姻届けを出した後のおしゃれレストランですら、子育ての時間割を話し合っていますが…

食事中でも円グラフ会話!

逃げるは恥だが役に立つ 9巻から引用

それでも、

二人は最終回の最後のコマで、にかんだような笑顔を見せます。

たった今まで、字数多めのビジネス風会話をしていた二人。

そんな理屈っぽい二人が、純粋に想いあう瞬間…

これが本当のムズキュンか・・・。

この二人だったからムズキュンできた。二人じゃなきゃダメだった。

ムズキュンをありがとう!いつまでもお幸せに!!

 

その2 沼田さんと大清水さん~一緒に暮らすことだけが愛ではないけど~

逃げるは恥だが役に立つ 9巻より引用

花見の後、いい感じになっちゃってお付き合いをスタートさせた沼田さんと大清水さん。

しかし、二人は同棲は今のところしない予定のよう。

同性カップルの場合法的な婚姻はありません。

一緒に暮らさないということは、とても不安定なことだと思われます。

でも、沼田さんはあくまで重い感じではなく、大清水さんの回答を受け入れます(話しているところも同僚のお宅っていう軽さ)。

物理的な距離を詰めなくても、愛はあるし信頼もあるのだと思えます。

けれどその気持ちがなくなった時、距離以前に恋が終わるのでしょう。

叶うなら、この恋がうんと長く続きますように。

そう願ってやまない、幸せそうな二人なのです。

その3 五十嵐安奈~宗教観も含めれば合理的?~

逃げるは恥だが役に立つ 9巻より引用

最終回では、ポジティブモンスターこと五十嵐安奈も登場します。

風見さんに振られた後も、明るく楽しくやっている様子がうかがえます。

ところで、宗教を持つことが当たり前な諸外国において、離婚について批判的な倫理を持っているパターンがあります。

それを踏まえると、五十嵐安奈の言う「デーティング」(恋人トライアル期間)は先進的!?と思ってしまいます。

とは言え…

みくりと平匡さんと違ってムズキュンみは少ないですね、ポジティブすぎて(笑)

 

4、番外編で完結!百合ちゃんと風見さんカップルは正統派恋愛漫画のカガミだった!

逃げるは恥だが役に立つ 9巻より引用

続いて、番外編の感想です!

法律婚をより良くすることが、みくり&平匡さんカップルのテーマでした。

しかし、ややこしいこと抜きで恋愛をぶちかましてくるのが百合ちゃん&風見さんの年の差カップル。

それでは番外編も、ストーリーの解説から始めさせていただきますね!

 

逃げるは恥だが役に立つ 番外編ストーリー解説】

25歳年下の風見と付き合うことになった54歳の百合。

お洒落なバーでデートなど大人の付き合いをしてたが、百合は自分が高齢処女であることを気にしていた。

医者に聞いてみたりみくりに質問してみたり、悶々とする日々。

そんな中、「その日」がついにやってくる。

案の定、いい結果にはならずに落ち込む百合。

しかし風見が出した答えは、百合の緊張をほぐすものだった。

百合は風見とともに、ベッドの上でゆったりとリラックスする…

 

それでは、番外編の感想を語ります!

番外編の面白さは、

  • バリキャリ百合ちゃんのコメディタッチのかわいさ
  • その悩みを受け止めてくれた風見さんの神対応

にあります。

その2つのポイントごとに感想をご紹介します!

 

その1 悩める百合ちゃんが可愛すぎる件

お洒落でオトナ、ハイキャリア女子の百合ちゃんの悩みは「性体験がないこと」。

姪っ子のみくりにぽろっとこぼしてしまったり…

みくりもびっくり

逃げるは恥だが役に立つ 9巻から引用

責任感を感じてトレーニングに励んだり…

結果、筋肉がついたそうです。

逃げるは恥だが役に立つ 9巻から引用

かわいいのか!!!!!

本編よりコメディ色の強いタッチとなっており、笑いの要素強めです。

仕事もできて美人でお金もあるのに、こんなにもケナゲ!

深刻に悩んでいるはずなんですが、それゆえにカワイイ百合ちゃん。

ついつい笑みがこぼれてしまいます。

 

その2 風見さんの懐の深さと、切ない百合ちゃんの思いにキュン…

実は、未婚女性で性体験の無い割合は44.2パーセントに及ぶそうです(国立社会保障・人口問題研究所より)。

モテたのに性体験のない百合ちゃんは珍しいケースなのかもしれませんが、医師からは「まあ意外と多いんですよ」と一蹴されます。

そ、そんなこと言われましても…!

逃げるは恥だが役に立つ 9巻から引用

しかし百合ちゃんは、自分のプライドと経験にかけて風見さんに「迷惑にならないように」しようと努力します。

そんな努力もむなしく百合ちゃんは、ベッドの上で撃沈…

頑張ったよ百合ちゃん!

逃げるは恥だが役に立つ 9巻から引用

でも、風見さんは百合ちゃんを責めません。

それどころか、25歳年上の百合ちゃんを優しく包み込んでしまうのです!!!

なんと恋愛経験値の高い風見さん。モテるわけです。

伊達男!

逃げるは恥だが役に立つ 7巻から引用

しかし百合ちゃんは、こんな幸せな時にも

年齢差も大きいし 

この関係は長くは続かないのだろうな

と思っています。

それはきっと悲しいけれど真実で、それもまた別な意味でキュンとしてしまうのです。

 

5、最終回&番外編 ジワリ染み入る名言6選!

各キャラクターが、自らの課題にある一定の区切りをつけた最終回と番外編。

派手さはなくとも、それぞれの思いを感じさせる名言が多数登場します。

その中でも、なにげないのにじんわり染み入る名言を6つ厳選しました。

決して明るいだけではない、しっとりオトナな名言をお楽しみください。

 

その1 思いがけないステージには戸惑いだってある。人生を手探りする、百合ちゃんのつぶやき。

「終わったと思ってても、これからってこともあるのね…」

逃げるは恥だが役に立つ 9巻より引用

風見さんとお付き合いすることにより、人生の新しいステージに立った百合ちゃん。

考えもしなかった25歳下の恋人の登場は、バリキャリ百合ちゃんをして呆然としてしまう大イベント。

女の人生はいつでも道途中

戸惑いながらも手探りで進む百合ちゃん。

迷いながらも前向きな姿勢に、エールを送りたいつぶやきです!

その2 ズシっと重い…。大清水さんと沼田さんの「大人の関係」を示す回答

「私は誰かと一緒に暮らすのは無理かもです」

逃げるは恥だが役に立つ 9巻より引用

お付き合いしている沼田さん(同性)と、一緒に住もうか?と打診された時の大清水さんの返答です。

たった一言ですが、その言い回しは沼田さんを気遣いながらも断固とした口調

これに対し、沼田さんは「…だよねー」と軽めに返します。

この一連のやり取りの中に、大清水さんの苦い過去と、踏み込まない大人な沼田さんを感じることができます。

たった数行ですが、ほろ苦い存在感がズッシリと胸に来る会話です。

 

その3 納得するしかない!修羅場を超えたやっさんの言葉には人生がにじんでいる

「振り返ると人生っていろんな方向に道があるもんなんだねえ」

逃げるは恥だが役に立つ 9巻より引用

ダブル不倫の上バツイチ子持ちの出戻り状態で、みくりに再会した同級生、やっさん

最初はみくりのアドバイスを余計なお世話と感じていたやっさんでしたが…

軽トラ免許取得や青空市の開催など、紆余曲折あってついには野菜と果物ジャムの通販を始めるまでに。

人生経験深すぎのやっさん、このセリフに続くのは「男なんかいなくても食べていける」です。

勉強になります、アネゴ!

その4 理屈だけじゃない、愛もある。平匡さんの成長にハッとする言葉

「今の気持ちを形で残しておきたいんです」

逃げるは恥だが役に立つ 9巻より引用

入籍届を出した後、新婚旅行先のプレゼン(!)をしようという二人。

その後レストランで生活運用システムについて話をする二人…

相変わらずラブみの薄い会話が続くのですが、最後に平匡さんが言ったのがこのセリフです。

みくりを気遣い、また平匡さん自身もこの幸福を大切にしている様子がうかがえます。

誰かと暮らすこと、誰かを愛することを恐れていた男性はもうここにはいません。

平匡さんの成長を垣間見ることのできる、素敵な言葉です。

その5 恋の喜びを感じる一言。素直になれた百合ちゃんが思うこと

「あたしは この顔が ずっと見たかったんだわ」

逃げるは恥だが役に立つ 9巻より引用

性体験がないことがコンプレックスで、お付き合いしている風見さんをなかなか家に誘えない百合ちゃん。

そんな百合ちゃんが、ついに風見さんを誘った時に思った言葉です。

コンプレックスに対し色々な策を講じ、対策を練っていた百合ちゃん。

しかしそんなことがどうでもよくなるくらい、風見さんは喜んでくれたのでした。

ささやかなことが幸せ。恋の喜びをビシビシ感じる言葉です。

その6 女の「呪い」からの解放された、百合ちゃんのココロに浮かぶ言葉

逃げるは恥だが役に立つ 9巻より引用

風見さんに抱かれながら、百合ちゃんが思ったことです。

百合ちゃんは、高齢女性に対する偏見の目を「呪い」と表していました。

しかし、呪いとはそれだけでなく、百合ちゃんを襲う「理不尽」全般を表しているように思えます。

年齢であったり、高齢未婚への目であったり、自分自身のプライドであったり、そしてコンプレックスであったり

このセリフは、風見さんに受け止めてもらい、百合ちゃんが「呪い」から解放されたことを示す言葉です。

満ち足りた百合ちゃんの様子に、風見さんとの間に流れる愛を感じます…!

 

6、まとめ

逃げるは恥だが役に立つ 9巻より引用

逃げ恥最終回は、それぞれのキャラクターたちが明るい未来を予想させる形で完結していました。

作者である海野つなみさんのサービス精神からか、ちょい出のキャラクターの後日譚も語られます。

そのため、あの人どうなったんだっけ?アレってどうなったの?というモヤモヤは皆無。

すっきりとした堂々たる完結です。

一方番外編は、百合&風見カップルにスポットを当て、笑っちゃうのにほろ苦い読み口が印象的です。

こちらは最終回とは逆に、ふわりと余韻を残すような読後感。

なにかのきっかけでふと二人を思い出してしまうような…あとを引く魅力があります。

どちらも大満足の読みごたえ。9巻通して付き合ってきたお別れにふさわしいエンドです。

珍しくネクタイをしている平匡さんも拝めます。この機会に、ぜひ単行本を手に取ってみてくださいね!

 

マンガタリライター・中山 今

あなたも好きな漫画への愛を語ってみないか?

マンガタリでは、漫画について語ってくれるライターさんを大大大募集しています。

原稿を送って頂き、採用されれば、あなたの原稿を記事としてマンガタリに掲載させて頂きます。

さらに、マンガタリは日本一の漫画メディアを目指すべく、力になってくれるライターさんを探していますので、原稿のクオリティが高ければマンガタリ専属ライターの採用もあるかも!?

まずは募集ページで原稿の作成ルールを確認してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

胸アツ少年~ハードコア青年~OL系漫画を愛する女ライター。 元劇団員で二児の母。そしてなによりビール好き。 人生のたいていのことは「うしおととら」に答えがあると思ってます。