カイジの名言TOP10!極限の状況で生まれた強烈で衝撃的な言葉をまとめてみた

マンガタリライター宮ざわっ…です。

福本漫画が好きすぎて、ライター名に「ざわっ…」をいれてしまうほどの福本伸行信者です(笑)

福本作品の一番の魅力と言えばやはり強烈で衝撃的な名言!

特にカイジはヤングマガジンを代表する人気作ということもあって、

名言の宝石箱ですよね!

 

しかし、シリーズのボリュームもかなり膨大になってますし、

  • あの名言ってどんな場面で誰が言ってたっけ?
  • 名言を振り返りたいけど、読み直すのはちょっと面倒
  • あの名言に1秒でも早く勇気付けられたい!

という方も多いのではないかと思います。

 

そこで、今回は私が厳選した『カイジ』の名言トップ10をご紹介します!

 

個人的に選んだ名言TOP10になりますので、

カイジファンの方には

  • 「やっぱこの名言は入るよな。」
  • 「あの名言が入ってないやんけ!」

などの視点でも楽しんでいただけるはず。

 

また、ただ名言を紹介するだけでなく、

名言の背景や画像、名言に対する解説もしていますので、

久しぶりに『カイジ』の名言を振り返りたい方も、なんとなくあの名言は知ってるけど、あまりカイジを読んだことないという方にも楽しんで頂ける内容になっています!

 

スポンサーリンク

1、名作中の名作「カイジ」とはどんなマンガ?

まずはカイジというマンガについて軽くおさらいしていきましょう。

賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編(14) (ヤンマガKCスペシャル)
作者 福本伸行
出版社 講談社
連載雑誌 ヤングマガジン
シリーズ
  • 賭博黙示録カイジ
  • 賭博破戒録カイジ
  • 賭博堕天録カイジ
  • 賭博堕天録カイジ 和也編
  • 賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編

漫画から始まり、

  • アニメ化
  • 実写映画化
  • ゲーム化
  • パチンコ・パチスロ化

などを果たした福本伸行先生を代表する大ヒット作品。

自堕落で非生産的な生活を送っていた若者カイジが、後輩の借金の保証人になったことがキッカケで数々の命懸けギャンブルに挑んでいきます。

まさに、何者にもなれないクズが勇気と知恵を武器に人生を賭けるストーリー!

そんな極限の状況で生まれたインパクト抜群な名言の数々は多くのファンに愛されています。

 

2.人生に必要なカイジ極限の状況別名言ベスト10

それではいよいよお待ちかね、人生の状況別カイジの名言ランキングを紹介していきます!

「ビビッ!」と心のアンテナに触れるものがあれば嬉しいです。

 

第10位:ハイリスク・ハイリターン!千載一遇のチャンスに決意させた名言!

この手はなんの為についている……..?

リスクを恐れ 動かないなんていうのは

年金と預金が頼りの老人がすることだぜ

カイジ 遠藤

-遠藤-

賭博黙示録カイジ第57話より引用

船でのギャンブルに負け、多額の借金を負ってしまったカイジ。

自給900円のコンビニ夜勤を重るも、借金の利子分すら減らせない終わりなきラットレース。

そんなお先真っ暗のカイジに怪しい街金融の社長:遠藤は、再び一発逆転のギャンブルパーティへの参加を提案します。

どんなギャンブルかも分からない中、警戒するカイジ。

しかし、遠藤の放ったこの一言でカイジの心は大きく揺らぎ、参加を決意してしまいます。

 

もちろん、あらゆるものを築き上げてきた人間にとっては、リスクを恐れ、挑戦しないという選択は懸命な判断でしょう。

しかし、何も持たざる人間にとっては、ズルズルと後退していくだけの悪手でしかありません。

リスクと失敗ばかりに目を向け、貴重な「チャンス」を失うことこそ本当の痛手である。

そのことに気づかなければなりませんね。

 

第9位:安全か冒険か、自分で運命を切り開くための名言!

迷ったら…望みだろ…!

望みに進むのが気持ちのいい人生ってもんだろっ…!

仮に地…地の底に沈もうともだっ…!

カイジ

-カイジ-

賭博破戒録カイジ第111話より引用

地獄パチンコ沼勝負篇、念願の大当りまであと一歩というところで軍資金が尽きてしまったカイジ。

仲間である遠藤に手持ちの1000万を貸してくれと告げるのですが、なかなか首を縦に振りません。

そんな状況に痺れを切らし、カイジが言い放ったのがこの名言。

 

  • 本当にやり遂げたいことならば
  • 本当に好きなことならば

一度や二度の失敗や敗北で諦めていては、人生には後悔しか残らないはず。

 

迷ったときはいつも、打算や世間体ではなく、自分の好きな道、進みたい道を選んでみましょう。

それだけで後悔の少ない、「気持ちのいい人生」が送れるはずです。

 

第8位:死ぬ時に何を後悔するか?真実から目を背けないための名言!

30になろうと40になろうと奴らは言い続ける…

自分の人生の本番はまだ先なんだと…!

「本当のオレ」を使ってないから今はこの程度なんだと…

そう飽きず 言い続け 結局は老い…死ぬっ…!

その間際 いやでも気が付くだろう…

今まで生きてきたすべてが丸ごと「本物」だったことを…!

カイジ 利根川

-利根川-

賭博黙示録カイジ第81話より引用

人生の原理原則・名言だらけの説教を数多く残している帝愛幹部:利根川。

命を懸けた鉄骨渡りの最中、「ギブアップさせて」と懇願する挑戦者達を尻目に言い放ったのがこの名言です。

 

  • どんな状況に陥っても真剣になれない
  • 自分の現実を都合のいい空想のイメージとすり替えてしまう
  • 「誰か」が「いつか」なんとかしてくれる

そんな致命的な「甘え」が、死の直前に全てありのまま自分自身にさらけ出されてしまうのです。

 

人が死ぬときにする後悔で1,2を争うのが「失敗を恐れてチャレンジしなかったこと」だと言われています。

 

  • 「本当のオレ」を使う間もなく人生が終わることもある
  • できなかったことよりも、やらなかったことの方が後悔は深く残る

そのことを 決して忘れないよう、胸に刻みつけておきたいですね。

 

第7位:クズのクズたる所以(ゆえん)はここにあった!?奇跡の逆転を果たすための名言!

奴ら…可能性を見てない

気持ちが状況に押し潰され

僅かだけどまだ皆に残っている勝ちへの道を

閉ざしているんだ…….自分から

言っちゃ悪いが 奴ら正真正銘のクズ…

負けたからクズってことじゃなくて

可能性を追わないからクズ…

カイジ

-カイジ-

賭博黙示録カイジ第10話より引用

ギャンブル船エスポワールで開始早々裏切りに遭い、敗北寸前の状況に陥ってしまったカイジ。

そんな絶望的な状態でも諦めず、協力できる仲間を集め、逆転するための戦略を画策します。

そんなカイジとは対照的に、負け寸前の状況で嘆くだけ、思考停止状態に陥っている参加者達。

そんな真の負け犬達を見て、カイジが語ったのがこの名言です。

 

  • 「なんでこんなことに…」
  • 「どうして自分がこんな目に…」
  • 「もうダメだ…」

過去を悔い、周りの人間や環境を恨むだけの状態では決して「復活」はありえません。

 

復活を果たすためには後悔ではなくその先、

  • 「自分に残されているものはなんなのか」
  • 「ここからどうすれば勝てるのか」
  • 「自分が尽くせるベストはなんなのか」

とにかく粘り強く考え抜き、行動することが重要なのでしょう。

 

第6位:神は自力突破した者だけに救いを与える!?後悔を力に変える名言!

あろうことか…祈ってしまったっ…!

何も考えず…神頼み…

救ってくれ…

オレを助けてくれ…だっ…!

もう自分以外…頼る者などない…と

骨身に染みて…

知っていたはずなのにっ…!

カイジ

-カイジ-

賭博黙示録カイジ第158話より引用

帝愛のドン:兵頭会長に1対1の勝負を挑んだカイジ。

必勝のイカサマを打ち砕かれ、2000万円と指4本を失ってしまったカイジが滲み出る後悔を語った名言です。

個人的に大事だと思うポイントは、「勝負なんてしなければ良かった」という後悔ではなく、勝負の中での自身の姿勢を悔いているところですね。

カイジのこうゆうところが大好きです(笑)…だいぶ危険な思想でもありますが…^^;

 

人はピンチに出くわし、心が弱ると、つい別の「何か」に頼り、祈ってしまうもの。

しかし、「人事を尽くして天命を待つ」ということわざがあるように、

何かに祈るのは、全ての手を尽くした最後の最後。

自分でピンチを突破する気概を持った者にこそ、神(運)も、味方してくれるのではないでしょうか。

 

第5位:自分を救うのは自分だけ!他者への甘えを吹き飛ばす名言!

人は人を救わない…

なぜなら…人は人を救わなくても…

その心が痛まないからっ…!

なら…

期待するなっ…! 他人に…!

自分だっ…! 自分…!

自分を救うのは…自分だけ…!

カイジ

-カイジ-

賭博黙示録カイジ第61話より

多額の借金を一発返済すべく、カイジが参加した悪夢のギャンブルパーティー「鉄骨渡り」

落ちたら死ぬか、大ケガか。

そんな悲惨な状況の参加者達で金を賭けている、悪趣味な成金たちの怒声を聞きながら、カイジが決意を新たにしたときの名言です。

 

「誰かが助けてくれるはず」そんな考えのままでは、一生ピンチを脱することなどできません。

自分を救えるのは、自分だけ。

その決意と覚悟を持ったものにこそ、誰かが手を差し伸べてくれるのでしょう。

 

第4位:負けたときこそ胸を張れ!勝敗より大切なものを失わないための名言!

違うっ…!

どんなに謝りたくっても…それだけはダメっ…!

しちゃいけないんだっ!

負けた上…さらに自分を貶めてどうする…?

この男は間違っても許したりしない…!

なら…縋るなっ…!

命乞いなどして…自分のプライドまで明け渡すなっ…!

耐えろっ…!

失うのは指と金だけで…たくさんだっ…!

胸を張れっ…!

手痛く負けたときこそ…胸をっ…!

カイジ 兵頭

-カイジ-

賭博黙示録カイジ第156話より引用

こちらも帝愛のドン:兵頭会長に負けたときの名言。

指をギロチンにかけられた恐怖から、思わず命乞いをしそうになるカイジ。

「絶対に許さない男と分かっていても、真摯に謝れば…」

そんなとき、ふと浮かんできたのは鉄骨渡りで死んでいった仲間たちの姿でした…。

 

指よりも、大金よりも、決して失ってはいけないもの「誇り」に気づいたカイジは、目を背けず、胸を張り、指4本を失うという過酷な罰を堂々と受け入れます。

 

負けをぼやかさず、受け入れることこそが、

敗者の誇り。

それができて初めて次なる勝利、再生への扉が開かれるのです。

 

第3位:たとえ貧しくても誇り高く生きるために…和也編で生まれた感動の名言!

見てみ 

オレたち靴も服もボロボロだろ

……………..

だから 盗っちゃダメなんだ!

 

オレたちは 正しいことをしよう!

オレたちはこの通り貧しいから

正しく生きなきゃダメなんだ!

 

胸を張って生きるためだよ マリオ

盗んだ靴を履いて 胸を張れるか?

マリオ マリオ….思い出せ…!

 

迷ったら….正しい道だぜ!オレたちは!

オレたちはそうやって生きていこう!

-アントニオ(マリオの兄)-

賭博堕天録カイジ和也編第73話より引用

兵藤会長の息子・和也によって催された友情確認ゲーム。

死か、大金か。

光山・チャン・マリオの貧しきアジア三人衆は度重なる誤解と行き違いで疑心暗鬼になりつつもゴール直前まで辿り着きます。

 

  • 仲間を見捨てれば大金が手に入る。
  • 次のターンで仲間に裏切られるかもしれない。

極限状況の中、マリオは救出ボタンを前に激しく葛藤。

そんな中で脳裏に浮かんできたのは、兄・アントニオに言われた言葉でした。

 

貧しいながらも、明るく誇り高く生きる兄を理解できず否定していたマリオ。

そんな兄の言葉が土壇場の状況で仲間を救うという判断に走らせたのです。

 

主人公のカイジも仲間を決して裏切れません。

その甘さのせいで先に裏切られたり、壊滅的なダメージを受けるパターンが多々あります。

 

しかし、そんなカイジが魅せる大逆転だからこそ、

胸が熱くなるんです。

カッコいいんです。

 

人生そのものにおいても、

  • 相手に損をさせれば
  • 相手を陥れれば

自分が利益を享受できる場面は多々あります。

 

しかし、そんなことをする人間はどこか卑屈になったり、逆に誰かを信用することができなくなるものです。

本当にそれで幸せと言えるのでしょうか?

 

迷った時は、人として正しい道を歩める強くて魅力的な人間になりたいものですね。

 

第2位:自堕落な日々を一喝!カイジシリーズ不動の大名言!

「明日からがんばろう」という発想からは…

どんな芽も吹きはしない…!

そのことに20歳を超えてまだわからんのか…!?

明日からがんばるんじゃない…

今日…今日だけがんばるんだっ…!

今日がんばった者…今日がんばり始めた者にのみ…

明日が来るんだよ…!

カイジ 班長 大槻

-大槻-

賭博破戒録カイジ第7話より引用

地下に堕ちた同士達からイカサマギャンブルで搾取を続けていた班長:大槻。

そんな小悪党:大槻が貴重な給料を欲望のままに使ってしまうカイジを見ながら語った、超有名な名言です。

あの人気番組「アメトーク!」の中でも紹介されていたほどですよ!

 

  • 「明日から本気出す」
  • 「来世から本気出す」

よくネット上で見られるこんなセリフさえも完全論破してしまったこの名言。

 今日さえがんばれないものに、永遠に明るい未来が来ることはないでしょう。

 

逆に言えば、毎日毎日「今日だけ」がんばれたなら、明るい未来が待っている。ということでもあるのです。

 

第1位:不運、不幸、不ヅキ。全て捩じ伏せる!最高に勇気の出る名言!

たとえどんなに……

不運…不幸…

不ヅキに見舞われようと…

オレは決して諦めない……!

捩じ伏せる……..!

最悪の運命….

境遇….ありとあらゆる障害……

不平…不正…

すべてを捩じ伏せ……..

オレは勝つ……..!

カイジ

-カイジ-

賭博破戒録カイジ第127話より引用

カイジの数々のストーリーの中でNo.1の人気を誇る「人喰いパチンコ沼勝負篇」

  • 敵の悪辣(あくらつ)な遠隔操作
  • 圧倒的恐怖
  • 壊滅的敗北

それら全てを乗り越え、勝利をもぎ取る瞬間、カイジが発したのがこの名言です。

 

実は…私がカイジの中で一番好きなのがこの名言

  • 何かに負けそうなとき
  • 理不尽な目にあったとき
  • 不運に見舞われたとき

この名言で何度自分を鼓舞してきたことか…(笑)

 

「ピンチはチャンス」

そんな言葉があるように、圧倒的なピンチを乗り越えてこそ強くなれる自分、大きく成長できる自分、それを強くイメージしていきたいですね。

 

番外編:閲覧注意!?犯罪的だっ…1秒でも早くビールが飲みたくなる名言!

ひっ….!

キンキンに冷えてやがるっ……..!

あ….ありがてえっ……!

涙が出るっ…!

犯罪的だっ……..!

うますぎるっ……….!

労働のほてりと……..

部屋の熱気で…暑苦しい体に….

1か月ぶりのビール….!

染み込んできやがる……!体にっ……!

溶けそうだっ………!

本当にっ……!

本当に…………

本当にやりかねないっ……..!

ビール1本のために……

強盗だって…!

-カイジ-

賭博破戒録カイジ第6話より引用

最後は番外編ということでちょっとネタっぽく。

しかし、カイジの中でも名言中の名言であることは間違いないですね。

 

地下落ちしたカイジは一日でも早く外に出るため、ペリカの無駄遣いをしないことを誓ったものの、班長の大槻からミニサイズのビールを奢ってもらったせいでその決意が揺らいでしまいます。

禁酒中のときに見ると地獄の苦しみを味わうことになりそう。

(さっき禁酒を誓ったのに書きながら揺らいできている笑)

 

漫画でも威力抜群ですが、この名言はアニメ版だとさらに破壊力が増しますね。

 

昨今は「若者のビール離れ」なんて言われておりますが、アサ〇スーパー〇ライはこの映像を流すだけで売上が上がるのではなかろうか。

 

3、まとめ

今回はカイジシリーズの名言トップ10をご紹介させていただきました。

 

  • 迷ったら…望みだろ…!
  • 可能性を追わないからクズ…
  • 自分を救うのは…自分だけ…!
  • 迷ったら…正しい道だぜ!オレたちは!
  • 今日…今日だけがんばるんだっ…!
  • すべてを捩じ伏せ……..オレは勝つ……..!

カイジの名言はどれも心に「グサッ!」と突き刺さりますよね。

 

  • 「なんだか最近うまくいかない」
  • 「このままで大丈夫なんだろうか」

そんな不安がある時ほど、カイジの名言は響いてくるのかもしれませんね。

 

今回はトップ10ということでまとめさせていただきましたが、

ご紹介した以外にもカイジという作品には名言が詰まりまくっています。

 

この記事がきっかけで、

  • カイジという作品自体に興味が湧いた方
  • もう一度読み直してみようかという方

などが少しでもいらっしゃればとても嬉しいです!

 

「福本作品はもちろん、他のマンガの名言も見たい!」

という方は、下記のオススメ記事も是非ご覧になってみてください。

 

マンガタリライター 宮ざわっ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です