銀魂の主要キャラの超詳細プロフィール&活躍するおすすめ長編徹底紹介




マンガタリライターのゆっきーです。

今回、紹介させて頂く漫画は「銀魂」です。

漫画だけに留まらずアニメや劇場版、実写化もされたことで「名前くらいなら聞いたことがある!」という方も多いのではないでしょうか?

  • 人気な作品なのは知ってるけど、どんなキャラクターがいるの?
  • 気になるキャラクターがいたけど、どんなお話で活躍しているのか知りたい!

そんな方のために、

  • 主要キャラクターたちのプロフィール
  • そのキャラをもっと深く知れるおすすめの長編

この2点に着目して、銀魂という作品を紹介します。

 

目次

1、「銀魂」ってどんな話?

銀魂-ぎんたま- 1
作者 空地英秋
連載期間 2004年~(連載中)
単行本 73巻(2018年6月現在)

銀魂は週刊少年ジャンプで絶賛連載中で、単行本も70巻を突破するほどの大人気作品です。

「天人(あまんと)」と呼ばれる宇宙人に支配された、仮想の江戸時代末期の日本が舞台です。

江戸で「何でも屋」を営む主人公・坂田銀時が率いる万事屋のメンバーと、その周囲の人々のどたばたな日常を描いた人情コメディーストーリです。

基本的には、一話完結の短編が作品の中心になっています。

  • 「売ればお金になるから」という理由でカブト虫狩りへ
  • 鍋を独り占めするために仲間同士で命がけで争う
  • 江戸に禁煙令が出た際、煙草を吸いたいが為に宇宙まで行く

などなど、パロディーも満載な短編が続いていく作品です。

シリアスがメインとなる長編あり、ただのギャクマンガとは一味違った魅力が生まれるのも、本作品の重要なポイントです。

記事の後半では、各キャラクター毎のおすすめシリアス回も紹介します。

ちなみに銀魂の長編では江戸時代の「攘夷戦争」の流れが関わってくるお話が多数ありますので、事前に知っておくとより世界観が楽しめます。

 

2、銀魂に出てくる愉快な主要キャラクターの紹介

単行本9巻より引用

銀魂の物語は主人公の坂田銀時率いる万事屋が中心に進んでいきます。

個性的なキャラクターばかりですが、万事屋の周りも超がつくほど個性的です。

ここからはそんな魅力的なキャラクター達のプロフィールを紹介していきます。

 

2-1 万事屋 ~依頼を受ければ何でも請け負う何でも屋!~

単行本49巻より引用

まずは中心となる万事屋メンバーからの紹介です。

万事屋は、かぶき町で人探し・物探し・浮気調査から屋根の修理といった大工仕事など、文字通り依頼があれば何でも請け負う何でも屋

当初は銀時ひとりで営業してましたが、現在は新八・神楽とペットの定春、3人と一匹で営んでいます

 

【万事屋】坂田銀時 マイペースかつ向上心ゼロの主人公

単行本44巻より引用

身長 177cm
体重 65kg
誕生日 10月10日
アニメ声優 杉田智和
実写キャスト 小栗旬
あだ名 銀さん、銀ちゃん
好きなもの(事) 甘いもの、ギャンブル

かぶき町にある「万事屋銀ちゃん」という何でも屋を営んでいる侍。

普段は死んだ魚のような気の抜けた目をしているマイペースかつ向上心ゼロの怠け者

家賃を滞納していたりと普段はだらしない部分が目立つ所がありますが、仲間想いな一面もあり、大きな事件やもめ事があれば解決に向けて奔走する事も多いです。

そのため、だらしないと思われながらも、周りからは慕われています。

実は過去に、師である吉田松陽を救うべく攘夷戦争に参加しており、「白夜叉の異名で戦場に名を轟かせていました。剣の腕は作中でもかなり上です。

だらしなくてマイペースの自己中だけど、いざという時は誰よりも頼りになる。そんな主人公です。

 

【万事屋】志村新八 唯一のつっこみ役

単行本46巻より引用

身長 166cm
体重 55kg
誕生日 8月12日
アニメ声優 阪口大助
実写キャスト 菅田将暉
あだ名 ぱっつぁん
好きなもの(事) 寺門通

作中では数少ないツッコミ役兼常識人

基本的には純粋で優しく誠実な性格ですが、時には万事屋の仲間と一緒に悪ノリをするところも。

実家は道場を経営していて、幼い頃から剣術の修行を積んでおり、腕前はかなりのもの。

廃刀令により道場が廃れ、姉の志村 妙(たえ)と共に復興に勤しむ日々でしたが、侍魂を学ぼうと銀時の元で働くようになります

寺門通という人気上昇中のアイドル歌手の熱狂的なファン。

単行本51巻より引用

お通には下積みの時代にその歌で勇気をもらい、感謝の念から応援を続けています。

寺門通親衛隊」の隊長を務めており、彼女が絡むと普段と性格が一変するほどの熱狂振りです。

 

【万事屋】神楽 型破りな紅一点ヒロイン

単行本40巻より引用

身長 155cm
体重 40kg
誕生日 11月3日
アニメ声優 釘宮理恵
実写キャスト 橋本環奈
あだ名 神楽、チャイナ
好きなもの(事) 酢昆布

宇宙最強を誇る絶滅寸前の戦闘種族・夜兎族(やとぞく)の生き残りの少女。

地球には出稼ぎを目的に密航してきましたが、ひょんなことから万事屋に住み込みで働き始めます。

かわいい容姿とは裏腹に、ぶっきらぼうで態度が大きく、自己中心的で型破りな性格という、普通とはだいぶズレているヒロインです。

万事屋では定春という大きい犬を飼っており、この定春を拾ってきたのが神楽。最初は襲われることもしばしばでしたが、話が進むにつれて定春に乗って行動することが増えるほどの仲にまでになりました。

夜兎族の皮膚は直射日光に弱いという性質があり、いずれの夜兎族も日傘を常に携帯しています。

神楽も紫の傘を愛用しています。

銃器型になっている仕込み傘のため、戦闘時でも度々活躍しています。

 

 

2-2 真選組 ~江戸の町を守る警察組織~

単行本45巻より引用

江戸の治安を守る特殊警察

局長の近藤勲・副長の土方十四郎・一番隊隊長の沖田総悟を中心に数十人で構成。

全十隊が存在しており、一つの隊には十人前後が所属しています。

 

【真選組】近藤勲 お人好しなストーカー

単行本42巻より引用

身長 184cm
体重 80kg
誕生日 9月4日
アニメ声優 千葉進歩
実写キャスト 中村勘九郎
あだ名 局長、ゴリラ
好きなもの(事) 志村妙

「人のいい所を見つけるのは得意だが、悪い所を見ようとしない」と言われるほどのお人好しな好漢

真選組局長として、組を結成してから現在まで、隊士達を引っ張って来た偉大な人物です。

ただ、他のキャラクターよりも下ネタ的行動が目立ちます。

新八の姉であるお妙に社交辞令で優しくフォローをされて以来、彼女に一方的な好意を抱いており、悪質極まりないストーカー行為も繰り返しています

新八を勝手に「義弟(新八君)」と呼んでいますが、これに関して新八からも嫌がられています

 

【真選組】土方十四郎 マヨラーな真選組副長

単行本42巻より引用

身長 177cm
体重 64kg
誕生日 5月5日
アニメ声優 中井和哉
実写キャスト 柳楽優弥
あだ名 副長、トシ
好きなもの(事) 煙草、マヨネーズ

「鬼の副長」と呼ばれ恐れられる真選組のナンバー2で真選組副長

勘が鋭く頭も切れるため「真選組の頭脳」としても認められており、近藤とは対照的にスパルタな言動で隊を引っ張っています。

ヘビースモーカーで重度のマヨラー。あらゆる食べ物・飲み物にまでマヨネーズをかける嗜好の持ち主。

銀時とは互いに気に食わない相手と認識していますが、実は思考回路・嗜好などに多数の共通点があり似た者同士の一面もあります。

 

【真選組】沖田総悟 ドSな一番隊隊長

単行本44巻より引用

身長 170cm
体重 58kg
誕生日 7月8日
アニメ声優 鈴村健一
実写キャスト 吉沢亮
あだ名 総悟、そーちゃん
好きなもの(事) 土方への嫌がらせ

一番隊隊長。語尾に「〜でさァ」「〜ですぜィ」と付けてかったるくしゃべる江戸っ子口調が特徴。

アイマスクを愛用していて、仕事をさぼることもしばしば。

見た目は色素の薄い中性的な美青年に見えますが、本心は好戦的かつ腹黒・毒舌・ドS

普段はバズーカを使用することが多いですが、剣の腕前は真選組随一。純粋に剣の腕だけなら近藤・土方を上回るほどの実力者です。

近藤のことを盲目的に慕っており、局長である近藤に一番近い場所である「副長の座」を狙っています

その為何かにつけて土方の命を狙っていますが、なんやかんやで信頼はしているのか共に行動することが多いです。

 

2-3 銀時に縁のあるキャラクターをピックアップ

他にも個性的なキャラクターがたくさん登場する本作品。

そんな素敵なキャラクターたちから、今回は主人公の銀時に縁がある桂と高杉をご紹介します。

 

【その他】桂小太郎 ボケ倒しな攘夷志士

単行本47巻より引用

身長 175cm
体重 56kg
誕生日 6月26日
アニメ声優 石田彰
実写キャスト 岡田将生
あだ名 桂、ヅラ
好きなもの(事) エリザベス

「狂乱の貴公子」「攘夷志士の暁」「逃げの小太郎」の異名を持ち、幕府から指名手配されている攘夷志士で革命家

武士らしくかしこまった堅い口調で話しますが、時折「バイビー」「ニャンニャン」という言葉も使います。

作品が進むにつれてボケ要素が増加が見られ、たたみかけ系ボケのオチを担当することも多いです。ボケることの多い銀時がツッコミに回らざるを得ないほどです。

動物(主に肉球)が好きで、同じく攘夷志士だった坂本から贈られた謎の宇宙生物「エリザベス」をペット兼相棒として溺愛しています。

 

【その他】高杉晋助 謎多き攘夷志士

単行本53巻より引用

身長 170cm
体重 60kg
誕生日 8月10日
アニメ声優 子安武人
実写キャスト 堂本剛
あだ名 高杉、晋助様
好きなもの(事) ??

攘夷浪士で結成された武闘派の攘夷集団、鬼兵隊の総督

どこか正常さを失った狂人のような雰囲気を漂わせていますが、同時に様々な危険人物達を惹きつけるカリスマ性も兼ね備えていて攘夷志士の中で最も過激で最も危険な男」と称されることも。

出番が多くはないため謎が多いですが、長編などのストーリーの本筋などで何かしらの形で関わっていることが多い人物です。

 

3、キャラごとおすすめ長編 万事屋篇

単行本73巻より引用

ここまで抜粋してご紹介したキャラクターから、そのキャラおすすめの長編を選んでみました。気になるキャラを深く知るための参考にしてみて下さい。

まずは万事屋メンバーからご紹介します。

銀時、新八、神楽のおすすめ長編です。

 

3-1 坂田銀時~先生との約束とバトルシーンが見所の一国傾城篇

銀時のおすすめ長編はとても悩みました。なんといっても主役ですから、どれを選んでもかっこいいに尽きる!悩みに悩んで私が選んだ長編は「一国傾城篇」です。

まずはこのお話ででキーとなるキャラクター、を少しだけご紹介します。

単行本45巻より引用

  • 江戸幕府を裏から操る組織「天導衆」直属の暗殺集団である“天照院奈落”の首領。
  • 経絡を的確に針・気功で突くことで相手に致命傷を与える。さらに自身の経絡を移動させることによって、致命傷の回避や傷を早期に回復。
  • 銀時とは攘夷戦争の際に一戦を交えている因縁がある。

今回の見どころは銀時とこの朧の対決です。

の強さに序盤から圧倒される銀時。そんな最中、銀時はかつて松陽と交わした約束を思い出します。

「仲間を、みんなを護ってあげてくださいね」

単行本13巻より引用

そこから銀時は怒涛の追い上げを見せ、物語はフィナーレへ。

最後の決め台詞にはしびれるものがあります。

 

単行本45巻より引用

銀時と朧の対決シーンは終始手に汗握る迫力です。銀時の過去にも触れるので、作中でも要となる長編といえるでしょう。

3-2 志村新八~家族の絆、万事屋の絆が胸を打つ柳生篇

新八からは、姉であるお妙を巡ったお話「柳生篇」です。

先祖代々将軍家に仕えてきた名家である柳生家。その次期当主でありお妙の幼馴染である柳生九兵衛がある日お妙を「嫁」として迎え入れようとします。お妙もそれを受け入れますが新八はそれに納得いかず、柳生家に乗り込むことになります

九兵衛率いる柳生一門と万事屋・真選組の総力戦がメインのお話なのでもちろん戦いシーンも見ごたえ抜群なのですが、今回おすすめしたいのは物語の序盤・総力戦が始まる前のこちらのシーン。

単行本13巻より引用

結婚に反対していたわけではなく、お妙が涙を流して去っていたことに納得ができなかった新八

姉を想うこの新八の言葉にはグッとくるものがあります。

そんな新八に対して銀時はこう返します。

単行本13巻より引用

新八が助けたいと思ったから、柳生家との戦いに向かう銀時と神楽。家族の絆・万事屋の絆が垣間見れる1シーンです。

 

3-3 神楽~心の強さが試される吉原炎上篇

万事屋の紅一点、神楽のおすすめは「吉原炎上篇」。吉原炎上篇では神楽の「夜兎の血」との戦いが描かれています。

普段は銀時・新八と一緒にふざけあっている神楽。しかし、戦いの際は、やりすぎないようにと無意識にブレーキをかけていました

宇宙海賊「春雨」の一員で神楽と同じ夜兎・阿伏兎と戦うことになる神楽と新八。
ですが圧倒的な強さで新八が窮地に陥ります。その姿を見た神楽のリミッターが外れます

単行本26巻より引用

ここから物凄い勢いで阿伏兎を追い詰めていきますが、殺しを楽しむかのような姿は普段の神楽からはかけ離れたもの

見かねた新八が必死になって神楽に声を掛けます。

単行本26巻より引用

この呼びかけがきっかけになり、神楽は正気を取り戻ります。自分の心の弱さを嘆く神楽ですが、新八と共に「もっと強くなりたい」と願うようになるのです。

銀魂の長編の中でもトップの長さを誇っており、読み応えもバツグンです。

 

 

4、キャラごとおすすめ長編 真選組篇

単行本45巻より引用

続いては近藤、土方、沖田の3名。

真選組メンバーそれぞれのおすすめ長編のご紹介です。

 

4-1 近藤勲~近藤の優しさに感銘を受ける真選組動乱篇

普段は下ネタ行動やストーカー行為が目立つ印象の近藤ですが、真選組局長の名は伊達ではありません。なぜ隊士たちがこの人に付いていくのか。その理由がよく分かるお話が「真選組動乱篇」です。

真選組の参謀・伊東鴨太郎は真選組を我が物にするために近藤殺害を目論みます

単行本19巻より引用

その計画のために沖田を自分の味方につけ、邪魔だった土方も解雇にまで追い込みます。が、終盤でその計画が失敗、この計画のために鬼兵隊とも手を組んでいましたが失敗が分かると鬼兵隊からも見放されることになります。

ですが、近藤はそんな伊東を真選組の仲間・1人の友として助けようとするのです。

 

単行本19巻より引用

自分の命を狙っていた人間を助けるなんて、そう簡単に出来ることではないはず。そんな近藤だからこそ、隊士達も近藤を命を懸けて助けようとしたのかもしれません。

単行本19巻より引用

近藤の「懐の深さ」近藤と隊士達、真選組の絆がよく分かるファンの間でも大人気の長編です。

 

4-2 土方十四郎~土方の過去にかかわりの深いバラガキ篇~

主役である銀さんの次に選ぶのに苦労したのがこの土方。長編となるとこの人もとにかくかっこいい・・・!

悩んだ末に私から今回推薦したいのは「バラガキ篇」。土方の過去を交えた、真選組と見廻組のお話です。まずはこのお話で知っておきたい見廻組と佐々木異三郎、その義弟の鉄之助を大まかにご紹介します。

単行本42巻より引用

真選組と似たような職務(江戸の治安警護)をしている警察組織である見廻組。真選組とは異なり、名門の良家から選りすぐったエリートを集めて結成された組織です。

単行本42巻より引用

そんな見廻組局長で名門佐々木家の長男でもある佐々木異三郎。文武両道であり「三天の怪物」と渾名される生粋のエリートです。冷酷かつ傲慢な性格で、何事も腕っ節で解決するもののなるべく犠牲者を出さずに片をつけようとする真選組を疎ましく思っている所もあります。

単行本42巻より引用

名門佐々木家の不肖の息子である鉄之助異三郎とは異母兄弟)。妾の子として、他の兄弟などからあまりよく思われていませんでした。

鉄之助は定職にも就かず態度も悪かったため、教育の為に真選組へ預けられ土方の小姓になります

その際受けた土方からの説教土方自身も妾の子であるという過去を知り改心した後は、まじめで素直な性格へと成長し、土方を本気で慕うようになります。

土方の役に立ちたいと思うようになった鉄之助はある日、土方に「唯一土方に良くしてくれていた兄に手紙を書いてみては?」と進言します。土方も鉄之助の意思を汲み取り手紙を書き土方から預かりますが、手紙を出しに行く途中で鉄之助が攘夷グループにつかまり、それが立てこもり事件へと発展

現場に駆けつけた真選組ですが、そこで見廻組を率いた佐々木と居合わせます佐々木はこの騒ぎに乗じて落ちこぼれの弟を処分するべきと考えており、今回の攘夷グループの立てこもりに一枚かんでいました。そのうえ佐々木は真選組の嫌味をこぼし、鉄之助を落ちこぼれ・妾の子などと呼んだこともあり土方は激高

単行本42巻より引用

この言葉を皮切りに真選組と見廻組の乱闘が勃発。 見廻組優勢で戦いは進みますが、銀時が真選組側に加勢することで形勢が逆転するところはジャンプらしい熱い展開です。

印象的なのはこの戦いの最中に明かされた、土方が書いた手紙の内容

単行本42巻より引用

鉄之助が預かった手紙、宛名は土方の兄だったのですが中身を開けてみるとなんと佐々木宛て「鉄之助が一人前になったら家族として認めてあげてほしい」という内容のものでした。土方の兄は、既に他界していたのです

鉄之介が手紙の内容を読んで、初めて土方の気持ちを知り、思わず涙を流したシーンでは、つられて感涙したという方も多い、土方の優しさが心にしみるお話です。

 

4-3 沖田総悟~弟を想う姉の言葉に涙するミツバ篇~

人気投票でも上位の人気がある沖田。彼の意外な一面が垣間見れるのが「ミツバ篇」です。銀魂の他の長編と比べると短い部類に入るのですが、実写化もされるほどの人気なお話なんです。

早くに両親を亡くしている総悟にとって、姉のミツバは親代わりのような存在。唯一の肉親であるミツバの前ではこんな感じになります。

単行本15巻より引用

普段はドSの沖田ですが、すっかり素直な態度に様変わりです。

生い先が短いミツバに心配させまいと、パフェで買収した銀時を大親友として紹介するほど。

そんな矢先とある事件にミツバの婚約者がかかわっていたことがわかり、真選組は彼を逮捕することになります。「数少ない姉の幸せを奪ってしまった」と嘆く沖田に、ミツバはこう伝えます。

単行本16巻より引用

この言葉を最後に、ミツバは息を引き取ります。

生前極度の辛い物好きだったミツバから差し入れられた激辛せんべいを空を仰ぎながら食べる銀時と土方の姿も胸を打つ名シーンです。

 

5、キャラごとおすすめ長編 桂・高杉篇

単行本49・50巻より引用

最後に万事屋、真選組以外のメンバーのおすすめ長編のご紹介です。

今回はプロフィールも紹介した桂と高杉の2名をご紹介致します。

 

5-1 桂小太郎~エリザベスとの友情が熱い蓮蓬篇~

桂が気になる方には、桂メインで話が進む「蓮蓬篇」がおすすめ。桂とエリザベスの絆が垣間見れる長編です。

桂を想い、桂の記憶を消して黙って地球を出るエリザベス。そんなエリザベスの気持ちを分かったうえで、それでも共に戦うことを選んだ桂

二人の友情にじーんとくるものがあります。

 

単行本41巻より引用

実は蓮蓬篇で出ていたエリザベスは、訳あって臨時で来ていたエリザベスラストでは今までレギュラーで来ていたエリザベスとは別人であったことが判明するという、何とも桂らしいオチがついて終わるお話。

パロディ要素もふんだんに詰め込まれている蓮蓬篇。シリアスすぎるのがちょっと苦手・・・という方でも楽しめる長編です。

 

5-2 高杉晋助 ~彼の「始まり」に触れられる紅桜篇~

悪役である高杉が好きな人には是非読んでいただきたいお話が「紅桜篇」

実写映画化や「新訳・紅桜篇」として新しく劇場版アニメも作られるなど、銀魂を象徴する長編といっても過言ではありません。

紅桜篇の黒幕である高杉。高杉と銀時・桂・坂本の4人は、かつて吉田松陽の門下生でした。
そんな彼が、何故このような騒動を起こしたのか。その要因である、師匠を奪った国への想いを語る場面。

単行本12巻より引用

主張を聞いたうえで桂が高杉を説得しようとするも失敗に終わります。

決別が決定的となってしまった高杉と銀時・桂。

単行本12巻より引用

戦闘から離脱する際の桂の台詞。「始まりは、みんな一緒だった」作中でも印象的な言葉です。

高杉を象徴するとも言える台詞「俺はただ壊すだけだ、この腐った世界を」この言葉と紅桜篇で語った言葉の本当の真意が、紅桜篇よりもずっと先の話で見えてきます。高杉のルーツに少しだけ触れることが出来るお話です。

 

6、まとめ

今回は銀魂のキャラクターの紹介と、そのキャラにまつわるおすすめの長編をご紹介しました!

これはほんの一部です。

実際に読んでみたら「他のキャラクターもかっこいいじゃん!」と思う場面が沢山見つかるかと思います。

また、今回はシリアスな長編のご紹介でしたが普段の銀魂はギャグテイストが満載な漫画です!

はちゃめちゃしている日常のお話に触れると、キャラクターもまた違った見え方があるかもしれません。

そのギャップが本作品の魅力です。

この記事が「まだ読んだことがなくて気になるけど、もう長く続いている作品だし・・・」と躊躇いを感じている方の後押しになればと思います。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

ゆっきー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です