ゴールデンカムイは女性ファン5割!?女視点で7つの仮説を徹底考察してみた




みなさーん、ゴールデンカムイ楽しんでますかーーーー!!

アニメ二期が始まったと思ったら、なんとオープニングに「人皮ファッションショー」起用!アニメスタッフの方も変態(褒めてる)で嬉しい、マンガタリライター中山今ですッ!

↓こちらはゴールデンカムイアニメ第二期PV。

それにしても、

ゴールデンカムイ、女子に大人気すぎるんですがご存知ですか!?

Twitterデータのランキングを集計している「ついラン」では、ゴールデンカムイ関係のつぶやきが男女比約3:7であるという結果が出て2ちゃんまとめなどで話題に。

ゴールデンカムイ

男性:34% 女性:66% 最多属性:20代女性(20181008データ)

ついランより引用

実際、書店の売り上げも男女半々とのことで、確かにたくさんの女性ファンが存在しています!

”なお読者に男女の偏りはほとんどなく、20代を中心に、幅広い世代に読まれています。”

ほんのひきだしより引用

しかし当のゴールデンカムイ女性ファンである筆者も思うんですけど、

なんで女性にウケたんだ!?

だって、

グロあり!

熊に襲われて顔面を削られた兵士。

手加減なしのグロ表現!

ゴールデンカムイ 2巻から引用

 

変態あり!

「動物に(性的な意味で)恋しちゃう」!

他にも性的な意味で殺される(!)など

ディープな変態揃い

ゴールデンカムイ 12巻から引用

ホモネタあり!

催淫効果があると言われる「ラッコ鍋」を食べた男たちの超展開!

ガチムチ達が頬を染めて相撲を取るシーンはホモホモしさでNET騒然

ゴールデンカムイ 12巻から引用

と、どう考えても女性向きじゃないんですが!?

一部では「ホモネタが多いから女性が見るんじゃないか?」という声もあります。

しかし、一女性ファンの筆者からすると

「(ホモネタは楽しみだけど)それだけじゃないんだけどなー」

とモヤモヤしつつ、しかしハッキリどう面白いか言語化できないもどかしさがあります。

そこでこのモヤモヤを解消すべく、超真面目に「女による、女を引き付けるゴールデンカムイの魅力」を7つの仮説を元に考察してみました!!

  • ゴールデンカムイ好きなんだけど、なんで好きなのか説明がうまくできない女性の方
  • ゴールデンカムイ好きなんだけど、なんで女性にそんなにウケるのか分からない男性の方
  • ゴールデンカムイについて、新しい切り口の考察が見たい方

はどうぞご覧ください!

なお、

  • ゴールデンカムイっていう超面白い漫画があるらしいと聞いた方
  • アニメのゴールデンカムイを見て漫画も見てみたいと思った方

もご安心ください。

ゴールデンカムイの詳細情報とあらすじのおさらいから始めて、魅力について一緒に考えてまいりましょう!

目次

1、ゴールデンカムイってどんな漫画?

ゴールデンカムイとは、週刊ヤングジャンプに連載中の漫画です。

ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックス)
作者 野田サトル
掲載誌 週刊ヤングジャンプ
出版社 集英社
発表号 2014年38号 – 連載中
巻数 既刊15巻(2018年9月現在)

 

2015年から漫画賞にノミネートされ始め、2016年以降は大賞を総なめに。

更にアイヌ文化を取り扱ったことから2018年には日本の商業漫画の枠を超え、Japan Expo Awards 2018でマンガ部門の脚本賞を受賞するなどワールドワイドに注目されています。

2015年 コミックナタリー大賞 2位
2016年 このマンガがすごい!2016オトコ編 2位
マンガ大賞2016 大賞
2017年 北海道ゆかりの本大賞コミック部門 大賞
2018年 Japan Expo Awards 2018 マンガ部門 Daruma 脚本賞※仏語版
手塚治虫文化賞 マンガ大賞

コミックスの売り上げは累計発行部数500万部(2018年8月時点)!!

メディアミックスも盛んで、TOKYO MXで2018年4月-6月まで第一期アニメが放映され、2018年10月からは第二期が始まっています。

ゴールデンカムイは社会的評価も売り上げも上々の超快作!なのです。

 

2、ゴールデンカムイあらすじ!

それでは、ざっくりとゴールデンカムイのあらすじをご紹介します!

時は明治末期、場所は北海道(蝦夷)の山中。

主人公の杉元佐一(スギモトサイチ)は、冷たい川で砂金をさらっていました。

圧倒的戦闘力と優しさ、そして躊躇のない残虐性!

主人公 杉元佐一

ゴールデンカムイ 1巻から引用

先の見えない砂金すくい中に、杉元は偶然にもなんと莫大な金塊の情報を得ます!

北海道の先住民アイヌが貯めていた大量の砂金を、ある男が殺して奪い、隠したままになっているのです。

失明した幼馴染の梅子(ウメコ)をアメリカの医者に診せるため、杉元には金が必要でした。

金塊の情報を持つ男を追う最中熊に襲われた杉元は、もう一人の主人公であるアイヌ民族の少女アシリパさん(正確にはリが小文字)に救われます。

彼女は金塊の話を杉元から聞き、殺されたアイヌの中に自身の父ウイルクもいたと語ります。

バトルシーンではアイヌの知恵、

ギャグシーンでは変顔でキメてくるマルチ美少女アシリパさん!

ゴールデンカムイ 1巻から引用

アシリパさんは父の仇を討つことを、杉元は一攫千金を狙い、共に金塊を追うことになります。

金塊の隠し場所は、凶悪な脱獄囚たちに彫られた入れ墨が手掛かりです。

しかし入れ墨は殺して剥ぎ、つなぎ合わせることが前提のため、杉元たちは超個性的な脱獄囚たちを見つけ出し、死闘を繰り広げます!

対する囚人の多くは驚異の戦闘力と犯罪への快楽欲求を持つ変態!彼らがゴールデンカムイの最大の魅力ですッ!!

人外の膂力と有り余る精力!

牛山辰馬(ウシヤマタツウマ)

ゴールデンカムイ 6巻から引用

 

ドスで熊をも切り伏せるヤクザの親分

若山輝一郎(ワカヤマキイチロウ)

ゴールデンカムイ 7巻から引用

 

殴り合いで勝った時の歓声でのみ

自己肯定ができる男

岩息舞治(ガンソクマイハル)

ゴールデンカムイ 15巻から引用

更に、金塊を追うのは杉元達だけではありません。

北海道征服を企てる陸軍第七師団 鶴見(ツルミ)中尉一味、

旅順攻略戦を制した陸軍最強の北鎮部隊!

兵力に加え最新兵器や駆逐艦で敵を制圧ッ!

ゴールデンカムイ 13巻から引用

アイヌを盛り立て蝦夷共和国を再興しようとする元新選組 土方歳三(ヒジカタトシゾウ)一味が、

剛力の牛山や元新選組・長倉新八を擁する戦闘集団!

ゴールデンカムイ 2巻から引用

入れ墨を求めて血で血を洗う戦いを展開します!

金塊争奪戦を制するのは…誰だッ!?

そして、アシリパの父ウイルクの本当の狙いとは…?

3、どうして女性にウケた?女ライターが立てた7つの仮説を徹底考察ッ!

それでは、実際にどうしてゴールデンカムイが女性にウケたのか?を考察していきましょう!

3-1男性が躊躇するユニセックスなキャラデザは、女性にとっつきやすい!「男性と女性の真ん中」にいたゴールデンカムイのキャラデザイン

まず、女性が青年マンガを手に取るということは、

キャラデザが女性に受け入れられる絵柄であること

が必要だと思います。

広告などで見た時のキャラクターがピンと来なければ、ファンになる以前に読まれもしないはずです。

BookLiveは、「女性購入率40%以上の実績」の「女性におすすめ男性マンガ」を50位まで発表しています。

このランキングによれば、上位3位はこのような絵柄です。

1位 鬼灯の冷徹(掲載誌モーニング)
鬼灯の冷徹 壱 (モーニングコミックス)

2位 ハイキュー!(掲載誌週刊少年ジャンプ)
ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)

3位 ノラガミ(掲載誌月間少年マガジン)
ノラガミ(1) (講談社コミックス月刊マガジン)

どの作品も男性媒体の漫画にも関わらずとても女性的な絵、むしろ少女漫画のような絵だという印象を受けます。

ではゴールデンカムイのキャラデザを見てみましょう。

ゴールデンカムイは、先ほどのBookLiveのランキング上位の絵に似ているとは思えません。

太い骨格が見て取れるボディデザイン。

美少女のアシリパもしっかりした厚みを感じる

ゴールデンカムイ 1巻から引用

しかし、全体の雰囲気は柔和でキレイであり、むしろ男性が違和感を覚えるほど。

Twitterでも男性がキャラデザで躊躇している声が見られました。

マンガタリでも、男性ライターが同じような感想を抱いたことを記事にしています。

”「なんか絵面とか、主人公とか、ちょっと微妙かなぁ」”

ファン急増中の漫画「ゴールデンカムイ」の魅力を鬼のように語ってみたより引用

 

また作者の野田サトル先生もインタビューで「今風の絵じゃないのは分かっている」と言っています。

”あんまり今風の絵じゃないのは自分でもわかってますけど……クソ食らえですね。”

このマンガがすごい!WEBより引用

つまり、ゴールデンカムイのキャラデザは「男性の流行り」でもなく、「男性漫画を購読する女性の流行り」でもないということが分かります。

しかし、現実的にゴールデンカムイのデザインは男女ともに受け入れられています。

ということは、ゴールデンカムイのキャラデザインは「男性向けコミックを読む男女感覚のおおよそ中間」…つまりユニセックスな絵柄であると言うことができるのではないでしょうか?

ユニセックスな絵柄であり、女性がまずページを開くことができたからこそ、女性ファン獲得につながったのだと思われます。

 

3-2ガチムチ系は女性にむしろ「安心な笑い」?BL的ではないホモネタに女子が腹を抱えて大笑い

まず女性として言わせていただきたいのが、

BL(ボーイズラブ)は女性の欲望ですが、ガチムチホモネタは欲望の範囲外です。

ゴールデンカムイも、男性の全裸シーンがよく出てくることで話題になっています。

そのため、「女性ファンは性的な意味で男性の裸を見るためにゴールデンカムイを読んでいるのではないか?」という声も聞かれます。

実際のところ女性はゴールデンカムイのホモネタをどう感じているのでしょうか?

それではゴールデンカムイのホモネタに触れる前に改めて、BLについて振り返りましょう。

日本における男性(少年)同士の同性愛を題材とした

小説や漫画などのジャンルのこと

Wikipediaより引用

実際に、2018年ちるちるBLアワードの対象を受賞した作品を見てみましょう。

2018年ちるちるBLアワード「Life 線上の僕ら」

Life 線上の僕ら (花音コミックス)

描画の繊細さ、女性よりしなやかで細い指、清潔なたたずまい

BLとは女性よりも女性らしい、男性と男性の恋愛ストーリーです。

では、ゴールデンカムイのホモネタを見てみましょう。

「露天風呂のある宿に泊まって療養する」という名目で入浴シーン。

全員カメラ目線で焦る

ゴールデンカムイ 12巻から引用

ボディの描き方や感情の交流と無縁そうなポージング、など、BL要素を感じることはありません。

むしろ「男性向けゲイっぽい雑誌のグラビアのパロディ」として、笑いを目的にしているのは明白です。

さらに推測するなら、そもそもゴールデンカムイのホモネタは「ちんこネタ」の進化系であり、男子小学生が「ちんこぉーーー!!!!」と叫ぶ原始的な面白さなのではないでしょうか?

直前まで蒸し風呂に入っていたため体が熱い。

おかげで股間が雪で「ジュウ~」って言います。笑うしかない!

ゴールデンカムイ 15巻から引用

 

ハイクオリティな作画のため、ともすれば本気のゲイネタのようにも見えてしまいますがやっていることは「ちんこ」!

そして逆説的ですが、ゴールデンカムイが女性目線のBL的ホモセクシャルを笑いのネタにしていたらここまで多くの女性がゴールデンカムイを読んではいなかったのではないでしょうか?

BL表現はBL好き女性の欲望でありエロです。

非BL勢の女性はBL的演出を感じると嫌悪感を感じ、その作品そのものを読まなくなってしまうことがあります。

もちろん、作品の読み方は読者の自由です。そのためゴールデンカムイにBL的な楽しみを見出すことも読み方のひとつでしょう。

しかし、ゴールデンカムイのホモネタはあくまで「ちんこ」。

「ちんこネタ」は、女性におけるBL勢、非BL勢を超え、安心して笑えるギャグとして受け入れられているのではないでしょうか?

 

3-3快楽殺人、人肉食…そもそも女性はホラー好き!ゴールデンカムイ話題の「変態」は女子にとって「待ってました」な娯楽

女性は古来からホラーやオカルトに慣れ親しみ、好んできました。

Wikipediaによれば、18世紀に流行したゴシックホラー小説は、書き手の大半が女性、読み手も多くが女性だったそうです。

”もう一つ特筆すべき点として、ゴシックホラー小説の書き手の大半が女性であり、読み手の多くも女性であったことが挙げられる。”

Wikipediaから引用

ホラーは恐ろしさと同時に耽美性、一種の美を備え、女性はそれらをひっくるめて愛してきたのです。

そしてゴールデンカムイには、「変態」と称した「快楽殺人者」が数多く登場します。

いずれも実際に存在するシリアルキラーをモデルとしている上、残虐描写も本気モードです。

ゴールデンカムイに登場する「変態」の中でも、特に女性に親和性が高いと思われるのは「殺人ホテルの支配人」家永カノ(イエナガカノ)です。

美しき殺人鬼、家永カノ。

(本来は老齢の男性)

ゴールデンカムイ 6巻から引用

医者としての技術を悪用し、自らの老い弱った部分を「他者の同じ部位の肉を食べる」同物同治という手段で妙齢女性のような姿をキープしています。

経営するホテルの地下には、拷問器具や人骨が隠されている

ゴールデンカムイ 6巻から引用

実在の殺人鬼の要素がいくつか見られる家永ですが、女性の姿であること、「食人」という特性があることからバートリ・エルジェーベトがモデルの一人と言えそうです。


血の伯爵夫人と呼ばれる夫人は、

若さを求め処女の生き血風呂に漬かった

Wikipediaから引用

吸血鬼のモデルともなったバートリ・エルジェーベト。
一地方の領主として君臨し、処女の生き血を絞るためその領内の女性を狩り、城で殺し尽くしたいう伝説が残っています。

正に、女性が昔から好んできたオカルトの世界そのものです…!!!

またアメリカのシリアルキラー「エド・ゲイン」をモデルにしていると思われる江渡貝弥作(エドガイヤサク)などのオカルト風味も、おぞましくもグッときます。


死体から服を作って着用!ゴールデンカムイでも屈指の変態江渡貝くん

ゴールデンカムイ 8巻から引用

もちろんこういった残酷描写が苦手な女性もいるのは間違いありませんが、大好きな女性も多数いるのは事実。

ゴールデンカムイ女性ファンはこのようなグロ要素を娯楽として受け止め、大いに楽しんでいるのではないでしょうか?

3-4習慣、生活。女性がたくましく生きるアイヌ文化に共感できるのは女性ならでは。丁寧に描かれたアイヌ観に感動

女性は、自分と環境の異なる異文化を知ることが大好きです。

特に歴史ある文化の場合、現代では予想もつかない独特の道具や風習を持っており、それが生活に直結していることが多いです。

このような暮らしの知恵は、家事を担うことが多い女性だからこそ興味をそそる要素であると言えます。

女性向け漫画作品でも、異文化を取り上げる作品は数多くあります。

例として、2014年マンガ大賞を受賞した「乙嫁語り」を挙げます。

乙嫁語り 1巻 (HARTA COMIX)

乙嫁語りは19世紀後半の中央アジア近辺の文化を丁寧に描いている漫画です。

作品のテーマそのものが「異文化を描くこと」であり、「文化漫画」と呼びたいくらいに緻密・精密な文化紹介が盛り込まれています。

パンを焼く女たち。異国情緒溢れる生活シーン

乙嫁語り2巻から引用

異文化紹介をメインにした乙嫁語りがマンガ賞を受賞したということから、異文化紹介は女性が好むテーマであると言うことができるでしょう。

では、ゴールデンカムイのアイヌ文化の表現はどうなのでしょう?

作中に登場するのは、家を守るフチ(おばあちゃん)のお料理道具やゆりかごなどの日常道具

アイヌのお料理道具。便利そうだし模様がカッコいい!

ゴールデンカムイ 4巻から引用

 

産まれた赤ちゃんはいろりの上のゆりかご「シンタ」で守られる。

寒いからだろうなあ、と極北の地の子育てに想いを馳せる。

ゴールデンカムイ 6巻から引用

狩猟に伴う知恵

木の枝で雪斜面(ほぼ崖)を滑走!アイヌ猟師の度胸と技術の賜物

ゴールデンカムイ 3巻から引用

生活の風習など…

地に実るものを大切にいただく風習が、美しい風景と相まって心に残る

ゴールデンカムイ 12巻から引用

 

緻密で情報量が多く、暮らしている人の息遣いが聞こえそうな描写が興味を引き付けます。

そもそもゴールデンカムイは、前年にフランスで出版・配給された漫画とアニメを称えるJapan Expo Awards 2018で脚本賞を受賞しています。

海外で注目される理由は、アイヌなどの民俗学に徹底した取材が行われているからです。

作中で登場する北海道の先住民族アイヌについて、ゴールデンカムイでは言葉や文化、習慣などすべてにおいてアイヌ文化監修者を付けています。

その正確さは現北海道アイヌ協会の理事長のお墨付き。

”アイヌの料理や狩猟など風習・文化がリアルに表現され、加藤理事長も「よく描かれている」と太鼓判を押す。”

毎日新聞 デジタル毎日より引用(リンク先有料記事)

さらに、アイヌ文化を漫画作品で取り上げることは少なく、異文化紹介としても目新しいジャンルだったことも見逃せません。

丁寧に描かれた新しい異文化紹介…ゴールデンカムイのアイヌ文化表現は、女性が食いつかないわけないテーマなのです!

3-5グルメ漫画を嫌いな女はいない!アイヌグルメは「文化食」という新しいジャンル

グルメ漫画は、女性に大変人気があります!

古来より、「とかく女の好むもの 芝居浄瑠璃いもたこなんきん」と言います。ドラマとグルメが女性の好きなものです(断言)。

グルメ漫画50年史(星海社)によれば、グルメ漫画は50年ほど前からその姿を見せ始め、現在では700作品以上が世に出ているとのこと。

特に最近の「グルメ漫画ブーム」はとどまることを知らないとしています。

”2010年代に連載が始まった作品だけでも、400作品以上になるのです。”

「グルメ漫画50年史」より引用

しかし、その分グルメ漫画は様々な角度から切り取られ続け、競争は苛烈を極めています。

もっと新しいグルメ漫画はないかしら・・・と思っている女性は多いはず。

そこで、ゴールデンカムイが提案してきたアイヌ×グルメという切り込み方にしっかりキャッチされたのです!

まず、ゴールデンカムイの美味しそうな料理絵は、本家グルメ漫画作品と比較しても、まったく引けを取りません

ウサギを罠で取り、叩いてつみれ鍋に。

温度感や杉元のリアクションも飯テロ!

ゴールデンカムイ 1巻から引用

そしてなにより、ゴールデンカムイのグルメはアイヌの文化と深く紐づいています。

カムイ(神)からの贈り物、アイヌの鮭。

アイヌ住居で食べる鮭フルコースが最高にうまそう!

ゴールデンカムイ 13巻から引用

 

本格的なグルメ描写に加え、アイヌ文化との関係性も語られるとなれば、

女性にとって、ゴールデンカムイは新機軸のグルメ漫画としても歓迎されたのではないでしょうか?

3-6男性向けのエロシーンは女性には面白くない。。精力をすべて戦いに向けたバトルは男女関係なくアツくたぎるッ!!

女性が男性向け漫画を読むとき、過剰なお色気シーンは離脱条件のひとつです。

エロの無い上質なエンタメはもちろん存在しますが、上質かつエネルギッシュなエンタメにエロは重要な要素です。

ただし当然、男性向けのエロは女性に面白いものではありません

ではゴールデンカムイは、女性に嫌われるエロをどう扱っているのでしょうか?

ゴールデンカムイでは、女性の裸はほぼ描かれません。

筆者が捜索し、全作(現15巻中)通して見つかった裸絵はこの3点のみ。


入れ墨の囚人坂本慶一郎と、夫婦強盗として活躍した

蝮のお銀(ギン)

ゴールデンカムイ 11巻から引用

 


女を抱かないと不安定になるという牛山が買った商売女。

裸、というか武器(アイテム)。

ゴールデンカムイ 2巻から引用

 


夕張の鉱山婦。

鉱山の中は暑いから裸になって作業するのです、という文化的存在

ゴールデンカムイ 8巻から引用

蝮のお銀はゴールデンカムイにおける大変珍しい女性の裸ですが、他の女性の裸はキーワードにしか過ぎません。

ゴールデンカムイの男性がそのほとばしるエネルギー(精力)を発散するのは、間違いなく「戦いのとき」です。

それを端的に表すのが、凄腕の猟師二瓶鉄造(ニヘイテツゾウ)。

二瓶は動物であれ人間であれ狙い定めた獲物を狩ることに興奮し、ことあるごとに「勃起!!」と叫びます。


狩猟本能と性的欲求が直結!

悪夢の熊撃ち 二瓶鉄造!

ゴールデンカムイ 3巻から引用

また、100人以上殺してきた快楽殺人犯、辺見和雄(ヘンミカズオ)は、命のやり取りこそ「煌めき」として欲情します。


杉元と辺見の戦闘シーン。

殺し合いをしているはずなのにエロムードが漂う

ゴールデンカムイ 5巻から引用

残虐かつ拷問好きの鶴見中尉が機関銃を乱射した時には、額の傷口から「変な液体」が出てしまいます。


「脳を損傷し、たまに変な液体が出る体質」になった鶴見中尉。

表情といい「撃つ」という行為といい、絶対なんか違う体液が出てる

ゴールデンカムイ 11巻から引用

 

ゴールデンカムイにおいて、エロの矛先は殺し合い・・・いえ「殺し愛」に発揮されるのです。女性は対象ではありません

しかしエロの対象が対象でなかったことにより、女性ファンは共感の腰を折られることなく、アツいバトルを楽しむことができるのではないでしょうか?

3-7男キャラが魅力的なのは外せません!目的のためなら殺しも裏切りもする、ゴールデンカムイのハードな男たちに女子ノックアウト

女性は、当然魅力的な男性キャラが好きです!

もちろん、ゴールデンカムイには様々な個性を持つ男たちが登場します。

戦争帰りや元囚人、現役軍人や新選組の生き残りなど、戦闘能力はお墨付きのツワモノばかり。

彼らに共通するのは、自分の目的のことしか考えておらず、更にその手段を問わないことです

例えば主人公杉元は「金塊のため」「アシリパを救うため」であれば殺人に躊躇はないですし

アシリパを奪還するためとは言え、主人公とは思えない殺しぶり

ゴールデンカムイ 9巻から引用

孤高のスナイパー尾形百之助(オガタヒャクノスケ)は、仲間を裏切ることに罪悪感すら持っていない模様。

旅路を共にした仲間である

杉元の頭を打ちぬいた尾形、

その冷徹な「目」!

ゴールデンカムイ 14巻から引用

敵味方区別なく、力量があると見なせば味方に引き入れ、力及ばずと踏んだ場合は仲間もろとも皆殺しにする土方歳三

ゴールデンカムイの土方は

日本刀とライフル銃をぶん回すイケメンじじい!

ゴールデンカムイ 3巻から引用

崇高な目的を掲げながらも、残虐行為の限りを尽くす鶴見中尉など

刑務所制圧戦!死刑囚相手とは言え、丸腰の相手に銃撃を命じる鶴見

ゴールデンカムイ 14巻から引用

敵だろうが味方だろうが殺しまくります。

男性をメインターゲットに据えたアクション漫画としても、あまりに殺伐とした設定です。

しかし、それほどまでにハードでも、女性ファンにはカッコいいと話題なのですッ!!

ゴールデンカムイ男キャラに好感を持つ女性のTwitterの声を集めてみました。

女性にハードすぎる男キャラ像かと思えば、実際のところはハードさがカッコいい!という女性ファンは多く見られます。

4、仮説まとめ。女性は女性に媚びない漫画にやられる?女より「変態と戦い」を貫くゴールデンカムイに女が惚れた!?

7つの仮説をまとめてみました。

仮説を考察、検証して感じたことは、ゴールデンカムイが女性ファン獲得のための特別な配慮は全くしていないということです。

女性が好む、またはストレスを感じない要素は、特に女性のために作られたわけではないように感じます。

どちらかと言えば、女性を全く意識していない、女性は蚊帳の外とでも言うような姿勢が見えます。

それではどうして女性ファンはついてくるのでしょうか?

それは、青年漫画であるゴールデンカムイのエネルギーの向かい先が、そもそも男性すら置いていくレベルで振り切っているからではないでしょうか?

作中屈指の変態、姉畑支遁(アネハタシトン)の熊への恋(性的な)。

恋が成就した後、姉畑はなんと腹上死。

男とか女とか以前に、その情熱は誰にも分かんねえ!

ゴールデンカムイ 12巻から引用

 

作者が主人公にと考えていたという、二瓶鉄造の言葉。

山にバラまかれて死にたいという気持ちはいったい何欲と表現すればいいのか?

ゴールデンカムイ 3巻から引用

男性でもついていけないくらい、昂った感情を叩きつけてくるゴールデンカムイ。

そのため、女性も男性と変わらぬテンションでゴールデンカムイのファンになれたのではないでしょうか。

もう少し、あえてロマンティックに言うならば…

見た目(キャラデザ)で付き合ってみた男性(漫画)が、女性が嫌だと思うこともせず(BL的女性向けサービス)、女性の好む要素(異文化紹介・グルメ)も持ち合わせ、かつ男らしい(魅力的なキャラ・グロ・エロ&ちんこギャグ、性差を超越したエネルギー)男だったので…

惚れた!

ということではないでしょうか?

その気持ちを分かるとは言えないけれど、

超カッコいいとは思うッ!

ゴールデンカムイ 2巻から引用

ある一部の人に遠慮したり、気を使ったエンタメは、やはり思い切った表現や振り切った展開を見せることが難しくなります。

青年漫画で女性もターゲットに定め、女性へ配慮するあまりに面白さが削られてしまったらそれこそ本末転倒です。

ゴールデンカムイは女性に媚びることなく、自らが思う面白さを追求したからこそ、逆に女性ファンが惚れこんだと言えるのではないでしょうか。

 

5、まとめ

「ゴールデンカムイが女性にウケた理由」として、

  • 女性のハードルを下げた要素(キャラデザ・女性対象ではないエロ)
  • 女性にポジティブな要素(ちんこ的ホモネタ・オカルト(グロ)・異文化・グルメ・ハードな男キャラ)
  • 仮説まとめ

を検証・考察しました。

特に女性を気にせず突き抜けたら、結果として女性ファンが惚れた」という結論に至りましたが、いかにハードルが低くても、中身が良くなければ女性は当然ファンにはなりません。

身も蓋もありませんがそもそもゴールデンカムイが超面白いエンターテインメント作品であったことが、女性男性問わず読まれる理由です!!

今回、仮説記事を執筆するにあたり、作者野田先生のすさまじい取材量に驚きました。

本記事で検証した要素のどれを取ってみても、単なる悪趣味であったり、思い付きの薄っぺらな娯楽に成り下がる危険をはらんでいます。

しかし、執拗なまでの取材と併せ、物語に対する敬意がきわどいネタを扱っても飲み込めてしまう圧倒的な面白さを生むのではないでしょうか?

「ヒグマと交われたなら、醜い私はこの世界とひとつになれる気がする」

熊と性交しようとするド変態の姉畑支遁だが、

彼のバックグラウンドに潜むものを想像させる独白

ゴールデンカムイ 12巻から引用

 

「鹿の体温がお前に移ってお前を生かす」

人智を超えた戦いを繰り広げても、命の価値は忘れない

ゴールデンカムイ 3巻から引用

突き抜けた設定を裏支えする、しっかりとした理念あってこそのゴールデンカムイ。

たくさんの女性を魅了してやまないそのボルテージを、今後もぜひやりすぎて!振り切って!女性を惚れさせ続けることを期待してますッ!!!

ゴールデンカムイ 6巻から引用

中山今(ナカヤマコン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です